かしわ記念2021のタイトルイメージ

レース結果

【かしわ記念】10年ぶり地方馬V!カジノフォンテンが早め先頭抜け出し再度のJRA勢撃破

かしわ記念のレース結果

 5月5日の船橋11Rで行われた第33回かしわ記念(4歳以上オープン、定量、選定馬、交流GI、ダート・左1600メートル、12頭立て、1着賞金=7000万円)は、張田昂騎手騎乗の2番人気カジノフォンテン(牡5歳、船橋・山下貴之厩舎)が好位追走から勝負どころで先頭に並びかけると、直線で早めに抜け出しソリストサンダーの猛追をしのいで優勝。1月の川崎記念に続く再度のJRA勢撃破で、2011年フリオーソ以来10年ぶりとなる地方所属馬Vを果たした。タイムは1分39秒3(稍重)。

 ハナ差の2着にはソリストサンダー(6番人気)、さらに1馬身半差遅れた3着にはインティ(4番人気)が入った。なお、フェブラリーS覇者のカフェファラオは5着に敗れた。

 ◇

 ◆戸崎騎手(ソリストサンダー2着)「向こう正面で挟まれてもよく我慢してくれた。手応え、反応とも良く、しっかり伸びた」
 ◆武豊騎手(インティ3着)「スタートがもったいなかったが、砂をかぶっても問題なかったし、この形の競馬で初めて折り合いがついた。まだ良くなるよ」=帝王賞(6月30日、大井、交流GI、ダ2000メートル)を視野
 ◆福永騎手(ワイドファラオ4着)「コーナーワークが上手。きょうは追ってから、よく踏ん張ってくれた」
 ◆ルメール騎手(カフェファラオ5着)「深い砂でスタートから進んでいかなかった。道中は忙しかったし、きついコーナーも合っていなかった」

 かしわ記念を勝ったカジノフォンテンは、父カジノドライヴ、母ジーナフォンテン、母の父ベストタイアップという血統。北海道登別市・登別上水牧場の生産馬で、馬主は吉橋興生氏。通算成績は21戦12勝。重賞は20・21年京成盃グランドマイラーズ、20年勝島王冠、今年の川崎記念に次いで5勝目。かしわ記念は管理する山下貴之調教師、騎乗した張田昂騎手ともに初勝利。



レース展望

かしわ記念レース展望のカフェファラオ

 『第33回かしわ記念』(JpnIダート1600メートル)が5月5日、船橋競馬場で行われる。さらなる飛躍を期すカフェファラオや前年の覇者ワイドファラオ、地方の雄カジノフォンテンなど、中央・地方からトップレベルのダートホースが顔をそろえた。ゴールデンウイークの頂上決戦を見逃すな!

         ◇

 【見解】中央、地方を代表する2頭の注目の対決。現状、マイル戦がベストと思えるカフェファラオが若干優勢とみる。本来はもう少しゆったりと進められる距離が合っているカジノフォンテンだが、今の勢いなら、再度の中央勢撃破も。実力馬のタイムフライヤー、インティなどにも注意が必要だ。

◆カフェファラオ
 今年初戦のフェブラリーSでGI初制覇を果たしたカフェファラオ。これまで、ジャパンダートダービー7着、チャンピオンズC6着と、GIの舞台では、結果が残せていなかったが、前走は先行抜け出しの危なげないレース内容で、きっちりと勝ち切ってみせた。「今年のローテーションを考慮して放牧に出し、3月27日に帰厩。カイバの食い、毛づや、馬体の張りなども含め、前走時よりも状態は良さそう。この先のことを踏まえ、今回はシャープなターンのコースと距離にしっかりと対応させたいと思っています」と堀宣行調教師。3戦3勝の得意の距離で強さを見せつけ、真のダートマイル王の座を手にする。


かしわ記念レース展望のカジノフォンテン

◆カジノフォンテン
 地方勢の筆頭格は、川崎記念(JpnIを制したカジノフォンテン。東京大賞典(GIでの2着を含めて5連続連対をマークするなど、目下の充実ぶりは顕著だ。前走の京成盃グランドマイラーズは久々だったが、昨年のかしわ記念(ワイドファラオ・1分38秒6)を上回る好時計で勝利。山下貴之調教師も「ペース配分も良かったし、あの時計で走れることも分かった。逃げる馬がいれば行かせることも考えているが、位置取りに関係なく、この馬のラップを守って走れれば負けないと思う」と自信を深めている。地元の意地を見せられるか。


かしわ記念レース展望のタイムフライヤー

◆タイムフライヤー
 芝のGI優勝歴があるタイムフライヤーだが、現在ではすっかりダート重賞戦線の常連に定着した感がある。どの距離がベストなのか、まだつかみ切れない部分もあるが、これまでのレースぶりを見ても、マイルは力を出せる舞台だろう。「転厩初戦で比較はできませんが、ここまで順調にきていますし、すごくいい馬ですね。動きもさすがといったところです。馬体面に関しては、しっかりトモ(後肢)を使って走れていますし、完成の域に入ったのでは。地方のコースと、輸送でカイバを食べなくなると聞いているのでそのあたりがどうかですね。実力があることは間違いないので、力を出せれば」と橋口慎介調教師。


かしわ記念レース展望のインティ

◆インティ
 ㆒昨年のフェブラリーS以来、勝ち星から遠ざかっているインティだが、まだまだ衰えは感じられず、侮れない存在だ。「前走は道中で少し力んでいたけれど、ジョッキーがうまくなだめて乗ってくれた。後方からの競馬になったが、しまいはいい脚を使って収穫もあった。慣れればこの形でもスムーズに折り合って運べそうだが、だからといって今回もそれにこだわるのではなく、これまで通り前からでもいいし、とにかく自分のリズムで運ぶことが最も重要。状態も調教の動きもいいので、改めて」と野中賢二調教師は期待を込める。



◆ワイドファラオ
 昨年のこのレースをブービー人気で制したワイドファラオ。その後は、らしくないレースが続いているが、適性&底力は十分で、今年も㆒発の可能性を秘めている。「前走は放牧明けで、何とか間に合ったという状況で急仕上げの感が否めませんでした。それが最後の直線で踏ん張り切れなかったことにつながってしまったと思います。今回は馬体の張りや毛づやなど、見た目にも明らかに良くなっています。フェブラリーSで大敗してからこのレースを勝った昨年と同じローテーションですし、同じような上昇曲線を描いてくれれば」と辻野泰之調教師。


◆ミューチャリー
 ㆒線級とも互角の走りを見せるミューチャリー。前走のフェブラリーSも0秒9差と上々で、御神本訓史騎手も「川崎記念(5着)から間隔が短いなかで7着はすごい。力は見せてくれた」と評価。走り慣れた地元に戻れば好勝負になる。


◆ワークアンドラブ
 気分良く先行できればしぶとさを発揮するワークアンドラブも侮れない。今回は㆒線級がそろったが、マイルの南関重賞で2勝しているように距離はベスト。自分の形に持ち込めれば上位進出が可能だ。


◆サンライズノヴァ
 サンライズノヴァ・音無秀孝調教師「現状ではふっくらしているけど、最終追いでどれだけ変わってくるかですね。昨年は3着だったけど、ゲートを出てつまずいて後手に回ったぶんの差です。それさえなければという内容でしたからね」


◆ソリストサンダー
 ソリストサンダー・高柳大輔調教師「前走はGI戦ということもあって相手が強力で、レースの流れにも戸惑っていた感がありました。その後はひと息入れて、いい状態できています。地方のコースは今回が初めてですが、函館や札幌、小倉といった小回りで結果を出しているのでこなしてくれるのでは、と思っています。今回も相手は強いですが、今後もこのレベルの馬たちと戦っていかなければいけませんし、この馬自身も力をつけているので、胸を借りるつもりで挑みたいと思います」



出馬表

かしわ記念2021の出馬表


過去10年成績&データ

かしわ記念2021の10年表

 ●データ =過去10年

 ▼人気……1番人気【0・3・4・3】、2番人気【6・0・1・3】、3番人気【2・1・2・5】。1番人気が10連敗中で、5番人気以下が6年連続で馬券に絡んでいる。単勝平均配当700円、馬連平均配当2670円

 ▼所属……JRAが17連対で、全て栗東所属。地方は船橋が2連対、大井が1連対

 ▼年齢……7歳が5連対でトップ。以下は5歳と6歳がそれぞれ4連対、8歳と4歳がそれぞれ3連対。9歳も1連対しておりベテラン勢の活躍が目立つ。

 ▼実績……連対14頭がダートGI勝ち馬。残る6頭中5頭にはダート1600m以上で重賞勝ちかGIで3着以内の実績があった

 ▼前走……3着以内に入った30頭のうち20頭がフェブラリーSだった

 ▼脚質……【逃7先7差6追0】。3着以内の30頭中26頭が4コーナー4番手以内



レース概要

かしわ記念のコース画像

開 催 日:2021年5月5日(水・祝)

距  離:ダート左回り1,600m

出走資格:サラブレッド系 4歳以上

1着賞金:7,000万円

負担重量:牡馬57kg、牝馬55kg(南半球産の4歳馬1kg減)








若潮スプリント2021のタイトルイメージ

レース結果

【若潮スプリント】新設重賞の初代王者はファイナルキング

若潮スプリントのレース結果

 新設重賞の若潮スプリントが3日、船橋競馬場で12頭によって争われ、左海誠二騎乗で1番人気のファイナルキングが好スタートを決めて逃げると、追い込んできたチュラウェーブを振り切り、3/4馬身差で重賞初制覇を果たした。タイム1分13秒3(重)。2着から半馬身差の3着にはチャンプタイガーが入った。

 ファイナルキングの次走は、サンケイスポーツ盃優駿スプリント(6月29日、大井、SII、ダート1200メートル)の予定。

 ◆左海誠騎手(ファイナルキング1着)「外から行かれると困るから、逃げを主張した。残り100mで脚が上がったが、力の要る馬場だったし、これが今後の経験になれば」
 ◆林正人調教師(同)「予想通り厳しい流れになったが、勝ててホッとした。これもいい経験になると思う」
 ◆川島正騎手(チュラウェーブ2着)「スタート直後に勝ち馬に寄られた。この距離は少し忙しく、1400mくらいが良さそう。力はある」
 ◆御神本訓騎手(チャンプタイガー3着)「もっと伸びるかと思ったけどね。まだ緩さがあるし、これからの馬」
 ◆今野忠騎手(ハートプレイス4着)「久々の1200mでいい走りをしてくれた。短距離なら、今後もそれなりに走ってくれそう」
 ◆森泰斗騎手(エンテレケイア5着)「砂をかぶって嫌がった。スムーズならここでもやれると思うが、枠順が良くなかった」

■ファイナルキング 父サウスヴィグラス、母ゴールドキャヴィア、母の父ゴールドアリュール。栗毛の牡3歳。船橋・林正人厩舎所属。北海道新ひだか町・カタオカステーブルの生産馬で、馬主は高橋皖氏。戦績8戦4勝。獲得賞金2425万5000円。重賞初制覇。若潮スプリントは林正人調教師、左海誠二騎手ともに初勝利。



レース展望

若潮スプリントレース展望のファイナルキング

 大型連休中の船橋ケイバでは、3日連続で重賞を開催。5月3日には第1弾となる『第1回若潮スプリント』(SIII、ダート1200㍍)が行われる。新設の3歳スプリント重賞に、ファイナルキングやブラックストーム、マテーラフレイバーなど若きスピード自慢が集結。6月の大一番・サンスポ盃優駿スプリントに向けても見逃せない一戦だ。

         ◇

 【見解】ファイナルキングは休み明け初戦こそ5着に敗れたが、続く前走で変わり身を見せて勝利。スタートも速く、重賞のここでも卓越したスピードを発揮しそうだ。ブラックストームとマテーラフレイバーはともに初コースが鍵となる。

◆ファイナルキング
 デビューから【3・1・2・1】のファイナルキング。母は2012年のサンケイスポーツ盃優駿スプリントを制したゴールドキャヴィアで、兄のキングキャヴィアも同レースで3着したスプリント血統。この馬自身も前走の1200㍍戦で1分12秒0(稍重)の好時計で勝利し、高いスピード能力を証明した。林正人調教師は「前走は、時計も含めて驚いたね。やはりポテンシャルは高く、叩き3戦目で状態も上向いている。気分良く走れれば2、3番手でも競馬ができるから」と自信を深めた様子。引き続き船橋1200㍍が舞台だけに、極端にもまれなければ好勝負になる。


若潮スプリントレース展望のブラックストーム

◆ブラックストーム
 母にツキノテンシ(しらさぎ賞2着)を持つブラックストームも素質は高い。デビューから6戦して5着以下がなく、休み明けだった前走も軽快なスピードを発揮して勝利と、ここへ向けて順調なステップを踏んできた。「どこからでも競馬ができるのは強みだし、使ったぶんの上積みも見込める。左回りは走ってみないと分からないけど、楽しみにしている㆒戦」と的場直之調教師。さらなる良化が見込めるだけに、初めての左回りでもチャンスは十分だ。


若潮スプリントレース展望のマテーラフレイバー

◆マテーラフレイバー
 準重賞のジェムストーン賞で3着したマテーラフレイバー。その後のJRA遠征は9着に敗れたが、休み明けながら3着に粘った前走の内容が良く、軌道を修正してきた印象だ。「前走は内臓面が少し重かったが、そのぶん変わり身がありそう。スピード能力は高いし、芝とはいえ左回りも経験している。どこまで頑張れるか楽しみ」と福永敏調教師。重賞のメンバーでも軽くは扱えない。


若潮スプリントレース展望のチャンプタイガー

◆チャンプタイガー
 3月のトライアルを勝利したチャンプタイガー。1200㍍は3戦してパーフェクト連対と好相性だ。「まだ幼さはあるが、徐々に馬体がしっかりしてきた。跳びが軽く、いいスピードを持っている。相手は強くなるけど頑張ってほしいところ」と矢野義幸調教師。


若潮スプリントレース展望のキャストロポポ

◆キャストロポポ
 マイルのニューイヤーCでも5着に食い込んだキャストロポポは、1200㍍でスムーズに先行した前3走を見れば、ここでも互角のスプリント能力がある。展開に注文がつかず、堅実に走れるのが強み。重賞のメンバーでも大崩れは考えにくい。


若潮スプリントレース展望のエンテレケイア

◆エンテレケイア
 エンテレケイアはJRA1勝クラスで2着2回の足跡。転入初戦の1500㍍戦でも8馬身差の圧勝と、高い能力を示している。軽快なスピードがあり、短距離はOK。使った上積みも見込めるだけに、重賞でも好勝負になる。


◆ロードオブザチェコ ※出走回避
 ロードオブザチェコは新馬戦での1勝のみだが、トライアルで4着した前走を含め、スプリント戦で軽快なスピードを発揮している。ここもリズム良く先行できれば流れ込みが可能だ。


◆チュラウェーブ
 チュラウェーブのキャリアは4戦と浅いものの、前走のトライアルでは2着に食い込み素質の高さを示した。差す競馬ができるのは強みで、馬場や展開次第で上位をにぎわしそうだ。




出馬表

若潮スプリント2021の出馬表


過去10年成績&データ

※新設レースのため成績・データなし



レース概要

若潮スプリントのコース画像

開 催 日:2021年5月3日(月・祝)

距  離:ダート左回り1,200m

出走資格:サラブレッド系 3歳

1着賞金:1,200万円

負担重量:牡馬56kg、牝馬54kg(南半球産の3歳馬2kg減) 令和3年4月23日現在の番組賞金1,000万円毎に1kgずつ、牡馬59kg、牝馬57kgを上限として加増する。








東京湾カップ2021のタイトルイメージ

レース結果

【東京湾カップ】ギガキングが5馬身差の圧勝!

東京湾カップのレース結果

 東京湾Cが4日、船橋競馬場で13頭によって争われ、和田譲騎乗で1番人気のギガキングが5、6番手の外を追走すると、直線で鋭く伸び、2着のギャルダルに5馬身差をつけて重賞2勝目を飾った。タイム1分48秒0(稍重)。この2頭が東京ダービー(6月9日、大井、SI、ダ2000メートル)の優先出走権を獲得。さらに1馬身差の3着にはワールドリングが入った。

 ◆和田譲騎手(ギガキング1着)「返し馬から元気があった。遊ぶ面があるけど、今回は最後までしっかり走ってくれた。東京ダービーが楽しみ」
 ◆稲益貴調教師(同)「中1週なので、状態を見極めながらの出走だったが、これだけ走ってくれるとは思わなかった。次走は東京ダービーの予定」」
 ◆御神本訓騎手(ギャルダル2着)「流れに乗れて理想の競馬ができた。現段階では力負けかな。まだ成長途上だから」」
 ◆今野忠騎手(ワールドリング3着)「もう少しペースが上がるかと思ったけどね。反応は悪くなかったし、上出来でしょう」」
 ◆町田直騎手(サヨノグローリー4着)「急がせると良くないから、構えて乗った。間隔をあけたことで良くなっていた」」
 ◆真島大騎手(アムールショコラ5着)「使いながら良化しているし、成長も感じる。でも、本当に良くなるのはもっと先」



レース展望

東京湾カップレース展望のオークハンプトン

 続く5月4日には『第35回東京湾カップ』(SII、ダート1700㍍)が船橋競馬場で行われる。トライアルを勝利したオークハンプトンや同2着のギャルダル、堅実さが光るサヨノグローリーなど飛躍を期す精鋭がエントリー。東京ダービーへの切符を懸けて熱戦が繰り広げられる。

         ◇

 【見解】トライアルを制したオークハンプトンを中心視。初コースに難なく対応したように、地力強化が顕著だ。再度同じ舞台ならタイトル奪取を狙える。地元の素質馬ギャルダル、スピードは見劣りしないアムールショコラも勝機はある。

◆オークハンプトン
 前哨戦のブルーバードカップを快勝したオークハンプトン。その前走は序盤に力んで走っていたが、向こう正面で折り合いがつくと上がり3ハロンメンバー最速の脚を使った。最後は流して2着に1馬身半差をつけたことからも能力は相当高そうだ。「気性的に行きたがるところはあるけど、前走で船橋をこなしてくれたし、能力の高さも示してくれた。ここも期待できそう」と藤田輝信調教師。初タイトルを奪取して、東京ダービーへと向かいたいところだ。


東京湾カップレース展望のギャルダル

◆ギャルダル
 ギャルダルはここまで通算成績【2・2・0・0】の好素材。デビュー戦、2走前は逃げて後続を5馬身以上引き離した。㆒方で3走前は控える競馬で小差まで詰め寄っており、非凡な競馬センスの持ち主といえる。トライアルの前走は4コーナーで外にふくれたぶん、差し切れなかったが、0秒2差なら悪くない。慣れが見込める距離2戦目なら逆転があっても不思議ではない。


東京湾カップレース展望のアムールショコラ

◆アムールショコラ
 アムールショコラはマイル以上を使われて4戦2勝、3着1回の好成績を残している。5着だった3走前は出負けを挽回するロスがあり、トライアルの前走は上位2頭との斤量差があっただけ。力負けでは決してない。走り頃の叩き3戦目なら重賞初制覇の期待は高まる。


東京湾カップレース展望のサヨノグローリー

◆サヨノグローリー
 ニューイヤーC3着を含め、通算成績【3・2・2・1】で全て4着以内のサヨノグローリー。重賞のメンバーでも力は見劣りしない。「疲れを抜きながら調整して、だいぶ気合も乗ってきた。船橋は持ち味を生かせる舞台。タイトルを狙える力もある」と工藤伸輔調教師。


◆プレストカイザー
 プレストカイザーは昨年12月にデビューし、すでに3勝をマーク。前走は早め先頭から押し切る着差以上の強さだった。山下貴之調教師も「前走は余裕を感じられる走りだった。うまく2、3番手を追走できれば重賞でも好勝負になるはず」と強気な点も強調材料だ。


◆レスポンデール
 使ってくればレスポンデールも有力。クラウンCは疝痛で出走を取り消したが、デビューから3戦無敗で、余力十分に勝った2月の交流戦の内容もいい。重賞のメンバーでもチャンスは十分。


◆モリノオーシャン ※出走回避
 門別在籍時に重賞勝ちのあるモリノオーシャン。前走は転入初戦で初の左回りながら、抜群の伸び脚で差し切った。ここにきての地力強化は顕著で、3連勝で南関初タイトルを狙う。




出馬表

東京湾カップ2021の出馬表


過去10年成績&データ

東京湾カップ2021の10年表

 ●データ =過去10年

 ▼人気……1番人気【2・2・0・6】、2番人気【2・2・3・3】、3番人気【2・2・1・5】。単勝平均配当800円、馬連平均配当3270円

 ▼所属……地元の船橋が14連対と圧倒的。ほかに川崎が4連対、大井が2連対

 ▼実績……連対20頭中13頭に船橋1600㍍以上での連対歴。残る7頭中5頭には重賞5着以内の実績があった。ブルーバードカップ3着以内は【2・5・1・12】で、準重賞になった2017年以降では【1・3・1・4】だった

 ▼前走……連対18頭が前走5着以内で、うち14頭が同3着以内だった

 ▼脚質……【逃4先9差5追2】



レース概要

東京湾カップのコース画像

開 催 日:2021年5月4日(火・祝)

距  離:ダート左回り1,700m

出走資格:サラブレッド系 3歳

1着賞金:1,800万円

負担重量:牡馬55kg、牝馬53kg(南半球産の3歳馬2kg減) 令和3年4月23日現在の番組賞金1,000万円毎に1kgずつ、牡馬59kg、牝馬57kgを上限として加増する。



重賞結果一覧

京成盃グランドマイラーズのバックナンバー
マリーンカップのバックナンバー
ダイオライト記念バックナンバー