7日栗東でマルセリーナの息子など22頭の2歳馬がゲート合格

2019.11.7 15:39更新

 11月7日(木)の栗東トレセンでは、2歳馬22頭がゲート試験に合格。デビューへの関門を突破した。

★11月7日(木)栗東

アビーシュート(母ハーベストシーズン、牝、千田輝)

エールブラーヴ(母ヒミノオトヒメ、牡、橋口慎)

カレンリズ(母カレンコティヤール、牝、鈴木孝)

グレアミラージュ(母マジックミラージュ、牡、笹田和)

ケイアイワイプ(母カーディナルコーヴ、牡、西村真)

コスモトコシエ(母エバーアンドエバー、牡、西園正)

シャイニーブリッジ(母ノードラメール、セン、佐々木晶)

ジャルジェ(母オスカルフランソワ、牝、千田輝)

ダノンローチェ(母ダノンチャコ、牡、松田国)

ノイノコ(母ノイ、牡、千田輝)

ヒートオンビート(母メルセリーナ、牡、松田国)

 母は桜花賞・GIなど重賞2勝、半兄ラストドラフトは京成杯・GIII勝ち

ブラウンボンバー(母テイエムナデシコ、セン、川村禎)

メイショウサンガ(母カネトシガーネット、牡、千田輝)

ヤングブラッド(母ノベンバースルー、牝、橋口慎)

アップルマティーニの2017(牡、鈴木孝)

エリモハルカの2017(牡、牧浦充)

キョウエイカルラの2017(牡、矢作芳)

スズカダーリンの2017(牝、鮫島一)

アウターカットジェムの2017(牝、武英)

ナンシーの2017(牝、武英)

モーニングフェイスの2017(牡、橋口慎)

Heart Stoppingの2017(牝、松田国)