ワールドプレミア天皇賞・秋で復帰 その後はJCか香港へ

2021.9.1 04:56更新

天皇賞・秋で復帰するワールドプレミア

 天皇賞・春で菊花賞に次ぐGI2勝目を挙げたワールドプレミア(栗・友道、牡5)が、天皇賞・秋(10月31日、東京、GI、芝2000メートル)で復帰することが8月31日、わかった。その後は目標としているジャパンC(11月28日、東京、GI、芝2400メートル)か、香港国際競走(12月12日)に向かう。現在は、北海道安平町のノーザンファームで休養中。友道調教師が「9月半ばに戻ってくる予定です。牧場でみたときも疲れは取れていました」と語った。

★ワールドプレミアの競走成績はこちら