美浦Wコース自動計測器導入 ラスト11秒台が水準

2021.7.29 04:53更新

 美浦トレセンでは28日、Wコースの自動計測器導入後、初の追い切りが行われた。前日の雨で稍重のコンディションながらラスト1ハロン11秒台が水準となり、この日の最速は直線一杯に追われたアールバロン(3歳1勝クラス)の11秒1(5ハロン69秒2)だった。奥村武調教師は「ラスト1ハロンの数字は手動のときより1秒以上速くなっている感じ。ただ、調教する側としてやっていることは変わらないよ」と話した。