【古馬次走報】ダノンファラオは東京大賞典へ

2020.12.10 04:39更新

浦和記念を制したダノンファラオ(緑帽)

 ★栗東・矢作厩舎のOP馬の動向は以下の通り。浦和記念1着ダノンファラオ(牡3)は、引き続き川田騎手で東京大賞典(29日、大井、交流GI、ダ2000メートル)へ。ここにはカノープスS1着ハナズレジェンド(牡7)もメンバーに選出されれば使う。菊花賞12着サトノインプレッサ(牡3)は日経新春杯(1月17日、中京、GII、芝2200メートル)、京都大賞典5着ステイフーリッシュ(牡5)はAJCC(1月24日、中山、GII、芝2200メートル)を視野に入れる。ステイヤーズS4着タイセイトレイル(牡5)は万葉S(1月5日、中京、OP、芝3000メートル)へ向かう。

 ★ジャパンC8着キセキ(栗・角居、牡6)は、浜中騎手で有馬記念(27日、中山、GI、芝2500メートル)に参戦する。僚馬でアルゼンチン共和国杯18着エアウィンザー(騙6)は日経新春杯かAJCCへ。

 ★スプリンターズS5着クリノガウディー(栗・藤沢則、牡4)は、阪神C(26日、阪神、GII、芝1400メートル)に参戦する。

 ★チャンピオンズC9着アルクトス(美・栗田、牡5)は、フェブラリーS(2月21日、東京、GI、ダ1600メートル)が目標。その前に一度使うかは未定。

 ★ラピスラズリS6着ヒロイックアゲン(美・加藤和、牝6)は、北九州短距離S(2月14日、小倉、OP、芝1200メートル)へ。10着コントラチェック(美・藤沢和、牝4)は、シルクロードS(1月31日、中京、GIII、芝1200メートル、ハンデ)が視野に。

 ★市川Sを快勝したロフティフレーズ(美・上原、牝5)は、ニューイヤーS(1月9日、中山、L、芝1600メートル)へ。

 ★ステイヤーズS7着ステイブラビッシモ(美・久保田、セン7)、10着アドマイヤアルバ(美・宮田、セン5)は、万葉Sが視野に。

 ★イルミネーションJS1着エンシュラウド(美・藤沢和、セン4)は、中山新春JS(1月9日、中山、ダ3200メートル)へ。

 ★チャレンジC5着ジェネラーレウーノ(美・矢野、牡5)は、AJCCが視野に。6着ナイママ(美・武藤、牡4)は、中山金杯(1月5日、中山、GIII、芝2000メートル、ハンデ)へ。

★ダノンファラオの競走成績はこちら