【天皇賞・秋】ダノンキングリー馬なりのまま併入

2020.10.28 11:36更新

ダノンキングリー(右)=美浦トレーニングセンター(撮影・今野顕)

 美浦Wコースで外オーバーディリバーを2馬身追走。馬なりのまま馬場の外目をスムーズに駆け抜け併入した。休み明けは走るタイプだ。

 ●戸崎騎手「(萩原)調教師から春よりいいと聞いている。切れ味は素晴らしいし、この馬でGIを獲りたい」(夕刊フジ)

★天皇賞・秋の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載