【2歳次走報】ブラックホール、放牧を挟んでホープフルSへ

2019.9.5 05:01更新

ブラックホールで札幌2歳Sを制しガッツポーズを見せる石川裕紀人騎手

 ★札幌2歳S快勝のブラックホール(美・相沢、牡)は、放牧を挟んでホープフルS(12月28日、中山、GI、芝2000メートル)へ。同厩で1日の新潟未勝利(芝2000メートル)快勝のサぺラヴィ(牡)は、芙蓉S(22日、中山、OP、芝2000メートル)へ。同じく、1日札幌の未勝利戦(芝1500メートル)を同着で勝ち上がったイッツアワターン(牝)はカンナS(28日、中山、OP、芝1200メートル)へ。

 ★小倉2歳S2着トリプルエース(栗・斉藤崇、牡)は、放牧を挟んでD杯2歳S(11月9日、京都、GII、芝1600メートル)へ。

 ★新潟2歳S4着クリアサウンド(栗・杉山、牝)は、引き続き松山騎手でファンタジーS(11月2日、京都、GIII、芝1400メートル)に向かう。

 ★6月2日に東京新馬戦(芝1600メートル)を勝ったサリオス(美・堀、牡)は8月末に放牧先から帰厩。サウジアラビアRC(10月5日、東京、GIII、芝1600メートル)へ向けて調整される。