地方競馬:ニュース地方競馬

2021.6.16 20:25

【関東オークス】ウェルドーンが3連勝で3歳ダート女王!

関東オークスを制し重賞初制覇を果たしたウェルドーン(左)

関東オークスを制し重賞初制覇を果たしたウェルドーン(左)【拡大】

 6月16日の川崎11Rで行われた第57回関東オークス(3歳オープン、牝馬、交流GII、ダート2100メートル、定量、12頭立て、1着賞金=3200万円)は、武豊騎手騎乗の1番人気ウェルドーン(栗東・角田晃一厩舎)が3番手の外めを追走すると、直線では15年ぶり史上2頭目の南関東牝馬3冠を狙ったケラススヴィアとの一騎打ちを制し先頭でゴール。3歳ダート女王決定戦を制し、3連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは2分18秒3(不良)。

 2馬身差の2着にはケラススヴィア(2番人気)、さらに4馬身差遅れた3着にランスオブアース(5番人気)が入った。

 関東オークスを勝ったウェルドーンは、父ヘニーヒューズ、母ツルマルオジョウ、母の父ダンスインザダークという血統。北海道日高町・浜本牧場の生産馬で、馬主は安原浩司氏。通算成績は11戦4勝(うち地方1戦1勝)。重賞は初制覇。関東オークスは管理する角田晃一調教師は初勝利、騎乗した武豊騎手は03年レマーズガール、08年ユキチャンに次いで3勝目。

★【関東オークス】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 関東オークスを制して重賞初Vを飾ったウェルドーン(撮影・奈良武)
  • 関東オークスを制して重賞初Vを飾ったウェルドーンと武豊騎手(撮影・奈良武)
  • 関東オークスを制して重賞初Vを飾ったウェルドーンと武豊騎手(撮影・奈良武)
  • 関東オークスをウェルドーンで勝利し、無人のスタンドに手を振る武豊騎手(撮影・奈良武)
  • 関東オークスで2着に敗れたケラススヴィアと森泰斗騎手(撮影・奈良武)