地方競馬:ニュース地方競馬

2021.6.3 04:58

【さきたま杯】陣営の思惑

〔1〕アルクトス・栗田徹師「今年はJBCが金沢なので、それを見据えて、小回りコースでどんな走りを見せてくれるか」

〔2〕エアスピネル・鮫島駿騎手「前走は芝で速い流れだったので、それが生きてくる。レースは上手だし、小回りも問題ない」

〔3〕ハイランドピーク・小久保智師「追い切ってグンと良くなってきた。掛かるところがあるから、短距離も合うと思う」

〔4〕ワイドファラオ・辻野泰師「多少強引にでも逃げたほうが良さそう。距離短縮とコース形態を考えてブリンカーを装着する」

〔5〕トロヴァオ・荒山勝師「川崎マイラーズを抽選漏れになったが、状態面は問題ない。左回りは合うし、距離もいい」

〔6〕メイショウオオゼキ=地元の自己条件でも完敗続きなだけに、強くは推せない。

〔7〕ブレスジャーニー=展開に左右されるが、はまれば鋭い末脚を発揮する。先行争いが激化すれば馬券圏へ。

〔8〕ベストマッチョ・佐々木仁師「左回りのほうが走りがいいので、舞台替わりは歓迎。スタートを決めて前々で運びたい」

〔9〕ノボバカラ・清水助手「前走はもう少しやれるかなと思ったけど…。昨年は勝ったが、馬もそろそろいい年齢だからね」

〔10〕プレシャスエース・小久保智師「追い切りはこれまでにないほど、いい動きだった。積極的に逃げる競馬を考えている」

〔11〕ナリタスターワン・野口寛師「暖かくなって状態が上向いてきた。今後へ向けて、きっかけをつかみたい」

〔12〕ザイディックメア・山崎裕師「浦和1400メートルは集中して走れる舞台。自分の競馬をして、上位を目指したい」