地方競馬:ニュース地方競馬

2021.5.12 04:56

【しらさぎ賞】陣営の思惑

〔1〕キョウモバライロ=近走は堅実だが、重賞のメンバーでは強く推せない。

〔2〕ヴィルトファン・藤田輝師「浦和なら1400メートルももつし、2着だった昨年よりも体調がいい。気合が入る一戦」

〔3〕ポピュラーソング・新井清師「浦和は崩れず走るし、状態もいい。胸を借りるつもりで頑張ってほしい」

〔4〕マーガレットスカイ・小沢宏師「前走は出遅れても巻き返すことができたが、今回はオープンが相手。スタートを決めたい」

〔5〕ライゴッド=転入後は12戦続けて4着以内。一連の走破時計も優秀で、流れが向けば上位争い。

〔6〕ルイドフィーネ・内田勝師「だいぶ馬体がしっかりして、成長が感じられる。前々の競馬もできるし、距離も大丈夫」

〔7〕ダノンレジーナ・小久保智師「精神面が成長して、操作性が良くなった。中1週でも問題なく、いい状態で送り出せる」

〔8〕ヒイナヅキ・山中尊師「南関の流れに少し戸惑っている。ただ、状態は変わらずいいので、うまく流れに乗れれば」

〔9〕レイチェルウーズ=重賞2勝の実績馬だが、その後が案外。ここも過度な期待はかけにくい。

〔10〕アクアリーブル・米谷康師「騎手の進言により使う。前走は道中で単走になったのが響いた。中間は落ち着きも出て順調」

〔11〕レイナブローニュ=南関では【7・1・2・2】で、5着以下がない好成績。前走で浦和も克服しただけに勝機は十分。

〔12〕ブロンディーヴァ・内田勝師「スピードを生かせる浦和1400メートルは合っている。牝馬同士だから頑張ってほしい」