【京成盃GM】陣営の思惑

2021.4.8 04:57

〔1〕コスモロブロイ=障害オープン勝ちの実力馬だが、転入後は大敗続き。強敵相手では厳しい。

〔2〕アクアリーブル・米谷康師「転厩後では一番いい追い切りだった。馬体も絞れてきているし、距離もベスト。一発を狙う」

〔3〕アドマイヤゴッド・川島一師「前走は休養がいいほうに出たし、鞍上もうまく乗ってくれた。ここもスムーズに走れれば」

〔4〕カジノフォンテン・山下之師「前走後に楽をさせたが、着実に上向いている。58キロでも南関同士なら好勝負になるはず」

〔5〕ニシノラッシュ・渋谷博師「JRAでの実績からは力がありそうだが、マイルは少し長いかな。南関の水になじんでほしい」

〔6〕チェスナットコート・小久保智師「連闘でも元気。小回りでは持ち味を出せなかったが、このコースは合っているから」

〔7〕タービランス・水野貴師「しっかり乗り込んで好仕上がり。56キロで出られるのはいいし、マイルも問題ない」

〔8〕グレンツェント・藤田輝師「前走は前残りの展開で、差のない3着。左回りのマイルは得意なので期待している」

★京成盃GMを徹底解剖! 「船橋ケイバ重賞特集」はこちら!

閉じる