地方競馬:ニュース地方競馬

2020.10.2 04:58

【2日船橋11R】垣見のギャンブル三昧

【2日船橋11R◎の理由】

 言い訳のように聞こえるが、1日は業務が想像より多く、土産を買ってくることができなかった。それが影響したからか、船橋、門別競馬で馬券がかすりもしなかった。さすがに、前日までのプラスがあるので、赤字にはならなかったが、油断していると週末まで軍資金がもたない可能性もある・・・。気を取り直して予想をしていきたい。

 2日の船橋メイン11Rは『神無月特別』(サラA2・B1、ダート1800メートル、ハンデ)。ハンデ戦なら軽量の馬から狙うのがベターなのだろうが、9月24日に浦和で取材して好感触を得たマルヒロナッツオーに◎を打った。

 近況は勝ち切れないが、A2下準重賞を含めて6戦連続で5着以内と相手なりに堅実だ。管理する林正人調教師は「状態が良いから、本当は日本テレビ盃(9月30日)を使いたかった。現状は差す競馬が合っているから、ある程度ペースが流れてくれればチャンスだね」と状態の良さをアピールしていた。今回は強敵に先行馬が多く、希望通りの展開が見込める。一気の差し切りがあっても不思議ではない。馬券は単複と2走前にオープン特別を完勝したカレンカカ、充実一途のララパルーザを相手に馬連複で勝負したい。

■垣見耕平(かきみ・こうへい) 1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。