地方競馬:ニュース地方競馬

2019.11.28 05:00

【兵庫ジュニアGP】テイエムサウスダン、重賞初制覇

兵庫ジュニアグランプリを制したテイエムサウスダン

兵庫ジュニアグランプリを制したテイエムサウスダン【拡大】

 「第21回兵庫ジュニアグランプリ」(2歳交流GII、ダ1400メートル)が27日、園田競馬場で行われ、M・デムーロ騎乗で3番人気のテイエムサウスダン(栗・飯田雄、牡)が2番手から抜け出して快勝。3連勝で重賞初制覇を飾った。JRA馬の勝利は3年連続で17回目。2着に2番人気のメイショウテンスイ、3着に1番人気のファシネートゼットが入り、JRA勢の上位独占となった。

◆M・デムーロ騎手(テイエムサウスダン1着)「前走の勝ち方がよかったので、自信を持って乗りました。いいスタートで2番手につけられたし、最後まで頑張ってくれました。初めて園田で重賞レースを勝ててうれしいです」

テイエムサウスダン

 父サウスヴィグラス、母ムービングアウト、母の父ラングフール。鹿毛の牡2歳。栗東・飯田雄三厩舎所属。北海道新ひだか町・グランド牧場の生産馬。馬主は竹園正繼氏。戦績5戦3勝。獲得賞金4132万4000円。重賞は初勝利。兵庫ジュニアグランプリは飯田雄三調教師、ミルコ・デムーロ騎手ともに初勝利。馬名は「冠名+父名の一部+父父母名より」。