地方競馬:ニュース地方競馬

2019.10.3 04:57

【菊池のフルスイング】レディスプレリュード

 (大井11R)難解な組み合わせだが、重賞3勝と力量上位のプリンシアコメータを有力視する。

 昨年の覇者で、今年はエンプレス杯を制するなど1、2、2着と堅実な走りを披露している。前走のブリーダーズゴールドカップは勝ち馬の決め手に屈したが、斤量差や休み明けで0秒1差に踏ん張った内容は評価できるものだった。

 休み明けをひと叩きされた上積みは大きく、すんなり主導権を握れる最内枠は好材料。岩田康誠騎手とのコンビでは【3・3・0・1】と好相性で、唯一馬券外になったのは牡馬相手の平安ステークス(11着)だけ。全7勝中4勝を1800メートルで挙げていることからベストの舞台に替わるのは大歓迎で、前回より斤量1キロ減もプラス。自分の形に持ち込んで連覇を決める。馬連単は(1)(8)、(1)(10)を本線に(1)(2)、(1)(4)、(1)(5)、(1)(7)。3連単(1)→(8)(10)→(8)(10)(2)(4)(5)(7)で勝負だ。