地方競馬:ニュース地方競馬

2019.6.27 04:59

【27日浦和9R】垣見のギャンブル三昧

【27日・浦和9R◎の理由】

 ダミアン・レーン騎手を信頼して良かった。帝王賞は単勝で勝負していたので大きくではないがしっかりともうけた。さて帝王賞が終わって一段落。と思いきや、27日の南関東は大井、浦和競馬のダブル開催。昨年、現場で灼熱(しゃくねつ)の浦和を経験した身からすれば、人馬ともに頭が下がる思いだ。今回は浦和メイン『水無月特別』の予想をする。

 本命はトーセンゼロス。転入初戦になるが、4走前にJRA500万下(現1勝クラス)で0秒4差の4着があり、B3編入はいかにも恵まれた印象だ。

 さらに前走から約2カ月とさほど間隔があいたわけでもなく、レース勘に不安はなさそう。森泰斗騎手の手綱も心強く、いきなり勝ち負けに持ち込めそうだ。ここは単勝と、転入初戦を快勝したダノンイーグルを相手に馬連単で勝負したい。

 ■垣見 耕平(かきみ・こうへい) 1988年生まれ、東京都出身の牡牛座。某ファストフード店で店長代理を務めた後、サンケイスポーツレース部へ転職。予想は1番人気の死角、欠点を探し、妙味ある馬を発掘する。買い方は単・複を厚めに勝負。休日はもちろんギャンブル。酒はビール、たばこはハイライトが好き。