地方競馬:ニュース地方競馬

2019.4.18 05:00

【18日地方競馬全力予想】外枠好都合サトノマサムネ

【18日・地方競馬全力予想】

 マリーンCは12年ぶりに地方馬(ラーゴブルー)が優勝した。きょうは船橋競馬で東京湾カップ(5月8日、船橋1700メートル)への2枚の切符を争う「ブルーバードカップ」が行われる。拮抗したメンバー構成で、馬券的にも妙味がありそうだ。他3場も合わせて力強く勝負だ!!

【門別11R、すながわスイートロード特別、1700メートル】
 古馬条件では1、1、2着のツルノシン。今回は強力な逃げ馬不在で、単騎逃げがかないそうなメンバー構成。絶好枠から押し切りを狙う。

【船橋11R、ブルーバードカップ、1700メートル】
 前走がひと息だったヤマノプレミアムだが、2、3走前はともに上がり最速の末脚を発揮して完勝。前回の先着馬はいるが、リズム良く運べれば巻き返しても不思議ではない。

【名古屋11R、名古屋CCジュピター賞、1400メートル】
 メイショウハチクは2走前にJRA500万下で小差の3着。小回り向きの先行力があり、2番枠からロスなく立ち回って抜け出しを図る。

【園田10R、第24回大日本プロレスカップ、1400メートル】
 3走前に現級勝ちのサトノマサムネ。距離短縮が鍵だが、スッと好位につけられるスピードがあり、外枠も好都合。スムーズに運べれば勝ち負けになる。

(勝ち馬アドバイザー・東京サンスポ菊池 敬太)