地方競馬:ニュース地方競馬

2019.4.18 04:58

【南関散歩道】トーセンガーネット~2冠獲得へ最終追い切り

トーセンガーネット

トーセンガーネット【拡大】

 23日に大井で行われる東京プリンセス賞(SI、ダート1800メートル)で牝馬2冠を目指すトーセンガーネット=浦和・小久保智=が17日、さいたま市の野田トレーニングセンター(左回り)で最終追い切りを行った。

 30日からの浦和開催でデビューが予定されている福原杏(ふくはら・まい)騎手を背に=写真、同厩舎のジョーパイロライト(牡3・未格付)との併せ馬。外から並んできた僚馬のプレッシャーに馬なりで耐えると、併走したまま最後の直線へ。いったん前に出られたものの、鞍上がハミをかけ直すと盛り返し、最後は併入。3ハロン38秒7(良)をマークした。

 福原騎手は競馬場実習中に、同馬の調教にまたがっていた。「以前は進んでいかないところもありましたが、きょうはしっかり反応して、最後も差し返しにいきました。ササる面も見せなかったですね」と、短期間での成長を口にする。

 見守った小久保智調教師も「前走後もいつも通りにやってきて、いつも通りの時計を出しているからね。右回りにも距離にも不安はない」と“好調キープ”をアピールした。

 兵庫ジュニアグランプリ(4着)での走りからも右回りは問題なく、折り合いにも不安がないだけに、大井1800メートルを克服する要素は十分にそろっている。引き続き好勝負になりそうだ。(大貫)