【27日平塚9R】『お宝探し』~原岡泰志郎

2021.7.27 05:00

 9RのA級予選は2車ずつの3分戦に単騎が1人の細切れ戦。いかにもひと波乱ありそうな雲行きだ。

 予想される並びだが、広田敦士に中部・近畿ラインで一ノ瀬貴将が付け、原岡泰志郎には南関ラインで富沢洋祐がマーク。また大森光明には斉藤紳一朗が続いて北日本ラインを組むが、関東単騎となった堀勝政は位置は決めずにいくようだ。

 準決勝での大敗が続いているとはいえ、前期はしばしば特選にシードされていた広田が先行実績もあるだけに人気になりそうだが、前述の通り近況は決して好調とはいえない。しかも、昇班2場所目の大森が先行争いを挑んでくることは容易に想像できるだけに、何とも危なっかしい本命だ。

 広田と大森で踏み合いになれば、恵まれるのは原岡だろう。近況は特に目立ったヒットこそないものの、5月の前橋以降は3日に2回は確定板入りを果たしており、調子自体は悪くない。自力でも出られるだけに、前々で脚を温存して好機に仕掛けて出れば首位台頭のシーンも見られそうだ。

 車券は原岡からの3連単。2着、3着は流して(2)-全-全と狙ってみる。

閉じる