競輪:ニュース競輪

2021.7.22 04:58

【22日松戸10R】『お宝探し』~武田亮

 10RのS級予選は3分戦。人気になりそうなのは伊東翔貴-新山将史の東北勢で、これに吉田智哉-戸田洋平-前反祐一郎の中四国勢がラインの長さを生かしてどう挑むかが見どころになる。ただ、もうひとつのライン、武田亮-白岩大助の埼京勢も決して軽視はできない存在だ。

 武田は今回がS級2場所目。キャリアこそないが、昇級初戦となった前回の和歌山では3日間ともバックを取る積極的なレースを披露した。予選4着で上位進出は果たせなかったものの、2日目の一般戦では岸川哲也を叩いて主導権。マークした寺沼将彦を振り切っており、自分のペースで駆ければ勝負になることを証明してみせた。

 ここもライン2車ながら先行主体の組み立てになるだろうが、当所は昨年のA級戦で6月と10月に無傷で優出を果たしているように相性は悪くない。伊東と吉田で中団を取り合う展開になれば、マイペースに持ち込んでの首位も期待できる。

 車券は武田からの3連単。2着、3着は流して(3)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。