競輪:ニュース競輪

2021.6.8 04:57

【8日川崎9R】『お宝探し』~坂本健太郎

 S級準決勝の9Rは、機動型がしのぎを削る激戦区となった。

 予想される並びだが、特選で主導権を握った小松崎大地に北日本ラインで大森慶一が付け、河端朋之には中四国ラインで池田憲昭がマーク。また坂井洋には関東同士の中島将尊が付けるが、坂本は中四国勢との連係にはこだわらず自分で何かする構えだ。

 特選は5着に沈んだとはいえ、積極的に主導権を取って根田空史の動きを完封した小松崎が人気を集めそうな一戦。ただ、河端、坂井といったイキのいい同型の波状攻撃には手を焼きそうで、初日よりもやりにくいメンバー構成となったのは間違いない。

 そこで注目したいのが坂本だ。特選では小松崎の先行を3番手から追い込んでおり、調子に関しては何ら問題はない。ここは単騎での戦いとなるが、展開に応じて何でもできる自在性は混戦向き。主導権争いがもつれる可能性も十分あり、前々で脚を温存してのまくり一発が不気味だ。

 車券は坂本からの3連単。2着、3着は流して(2)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。