競輪:ニュース競輪

2021.5.13 04:54

【13日川崎12R】『お宝探し』~箱田優樹

 S級準決勝の12Rは3分戦。桐山敬太郎に地元同士の山田幸司が付け、箱田優樹には東北ラインで佐伯翔がマーク。そして磯川勝裕-柴田洋輔の東京勢には、田村真広が続いて関東ラインを形成する。

 先行した初日の特選は山賀雅仁にまくられて7着に沈んだ桐山が、雪辱を期して自力覚悟の自在戦に出るが、別線にも磯川、箱田といった機動型が控えているだけに、楽な戦いは望めそうにない。

 穴で狙ってみたいのは箱田だ。初日は同県の新山将史に前を任せて3着に終わったが、ここは佐伯の前で自力勝負。先行するのはほぼ磯川で、箱田にしてみれば理想はその3番手。思惑通りの流れになれば桐山も後方から早めに動かざるを得なくなり、磯川と踏み合いになるか、場合によっては磯川の後位に切り込むケースも。いずれにしても前団はもつれそうなだけに、脚を温存してタイミングを逃さず仕掛けられれば、箱田にもチャンスは十分にあるはずだ。

 車券は箱田からの3連単。2着、3着は流して(4)-全-全といく。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。