競輪:ニュース競輪

2021.4.29 04:57

【29日平塚12R】『お宝探し』~西田大志

 S級準決勝の12Rは2分戦となる。特選でも連係した山中秀将-伊勢崎彰大の千葉コンビに地元の石井毅が続いて南関ラインを組み、別線は嘉永泰斗に西田大志-山口貴嗣の福岡勢が付ける九州ライン。関東単騎となった岡田泰地は切れ目からの戦いになりそうで、展開次第ではまくりくらい打つ用意はできている。

 瓜生崇智に内から来られた特選は“油断負け”といってもいい山中が得意のまくりで雪辱を目指すが、別線の嘉永も先行力はなかなかのもの。簡単に駆けさせてしまうと不発の可能性もないわけではない。

 ここはその嘉永に付ける西田の差し切りにかけてみる。初日の予選は原口昌平との連結が外れるピンチに立たされたが、立て直して4着に突っ込んだ直線の伸びは悪くなかった。今度こそ立ち遅れることなく嘉永にマークしていくはずで、その嘉永が山中を後方に置いて先手を取る展開なら、番手で恵まれても不思議ではない。

 車券は嘉永からの3連単。2着、3着は流して(3)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。