競輪:ニュース競輪

2021.1.13 04:55

【13日川崎9R】『お宝探し』~鈴木広人

 A級予選の9Rはパワー上位の宮下一歩が人気の中心だが、渋谷海との踏み合いも考えられるため波乱の要素もある。

 予想される並びだが、宮下に関東ラインで小坂敏之が付け、一方の渋谷には北日本ラインで柳充がマーク。そして3人そろった南関勢は里見恒平-鈴木広人-佐藤明でラインを組む。

 穴で狙ってみたいのは地元の鈴木だ。しばらく勝ち星がない近況ではあるが、さすがに当所はホームバンクだけあって相性もいい。ここは南関ラインで里見にマーク。その里見が宮下と渋谷の踏み合いでもつれたところをタイミング良く仕掛けられれば、番手の鈴木にチャンス到来だ。本来は自力型だけに、里見をフルに使って番手から出る形に持ち込めれば、宮下の巻き返しを不発に終わらせることも可能だろう。

 車券は鈴木からの3連単。2着、3着は流して(2)-全-全と狙うが、展開を考えれば(6)里見は外してもいいだろう。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。