競輪:ニュース競輪

2020.10.22 04:59

【22日西武園11R】『お宝探し』~前川裕希

 11Rのチャレンジ決勝は岡田亮太に吉橋秀城-野村昌弘の地元勢が続く埼京ラインが優勢で、ルーキー・岡田に初優勝の期待がかかるが、前川裕希-関戸努の北日本コンビをはじめ、組橋一高、長野和弘といった実力者が控えているだけに簡単には勝たせてくれないだろう。

 中でも怖いのは前川だ。渡辺馨を叩いて駆けた初日の予選は永田秀佑にまくられて5着に沈んだが、辛くも勝ち上がった準決勝では永田を叩いた森佑樹を5番手からまくり切って雪辱を果たした。ここは岡田との実質2分戦だが、単騎の組橋も一度は動いてくる可能性が高く、混戦は必至。「自力主体」とコメントを残した前川だが、中団さえ確保できれば岡田の先行をまくるだけの実力はあるはずだ。

 車券は前川からの3連単。2着、3着は流して(7)-全-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。