競輪:ニュース競輪

2020.2.26 05:00

【26日川崎4R】『お宝探し』~新井僚太郎

 A級準決勝の第4Rは細切れの4分戦。関東勢は新井僚太郎-土屋仁-渡辺藤男と高瀬卓-大橋直人に分かれ、相笠翔太には高橋秀吉がマーク。そして斎木翔多には岡本英之が付ける。

 初日の特選を逃げ切りで制した相笠が人気にはなるだろうが、チャレンジ上がりとはいえ積極的な走りが身上の斎木がいるのは何とも厄介だ。初日のように主導権を取れる保証などなく、場合によっては主導権争いが長引いて共倒れのケースすらある。

 そこで穴候補として狙ってみたいのが新井だ。練習方法を見直したことが功を奏し、前回の立川では(1)(1)〔7〕着と久々の優出。初日の予選でも外を伸びて2着に突っ込んでいるように引き続き状態は良さそうで、ここは混戦が長引けば得意のまくりで突っ込んできそうだ。

 車券は新井からの3連単。点数は増えるが2着、3着は流して(4)-全-全と狙う。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。