競輪:ニュース競輪

2020.1.29 04:55

【29日京王閣9R】『お宝探し』~成田可菜絵 

 梶田舞、篠崎新純が二枚看板の今回のガールズだが、出来の良さが光るのが成田可菜絵だ。初日に梶田、2日目には篠崎を相手に逃げ切っており、自身2度目となる無傷での優出を果たした。

 2日目のレース後には「ホームが向かい風で誰も行きたくないみたいだったので、早めに抜けちゃった方がいいと思って」と話していたが、とっさの判断でそれができたのも好調だからこそ。本人も「前回の岐阜ではボロクソだったけど、今回は追加の割には調子がいいし内容もいい」と状態の良さを認めていた。

 きょうの決勝も自力の組み立てに変わりはないが、「初優勝を3連勝で飾れれば言うことはないですよね」と狙いはあくまで優勝。昨年は決勝2着が3場所続いたりしたこともあったが、手が届きそうでなかなか届かないのが優勝。逃げて梶田、篠崎を破った今回、最大のチャンスがめぐってきたことは、本人が一番わかっているはずだ。

 車券は成田からの3連単。2着は梶田、篠崎に絞っての3着流しで、(6)-(2)-全、(6)-(3)-全と狙ってみる。

藤巻伸司(ふじまき しんじ) 競輪担当

プロフィル

サンスポで競輪を担当して30年目に突入。さすがに全盛時の体力はないが、勘と決断力は鈍っていないと自負している。これからも感性に磨きをかけて好配当を提供していきたい。