中央競馬:予想予想

2021.7.31 14:20

【居酒屋ブルース】日曜函館11R

{"attribute":[{"baitai":"01","racedate":"20210801","racecourse":"02","raceno":"11","style":"02"}],"yosouka":76}

 【日曜函館11R・クイーンステークス】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした緊急事態宣言の地域が8月2日に拡大される。埼玉、千葉、神奈川、大阪の4府県が加わり、緊急事態宣言下の東京都と沖縄は、追加された3県と同じ8月31日まで延長となった。

 ひいきの居酒屋は引き続き宣言中はランチ営業のみ。というわけで、今週も休みの日に遅いランチを食べに行き、バイトの桃ちゃんの予想を聞いてきた。それではまだまだ続く「居酒屋ブルース ランチ編」をどうぞ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ひいきの居酒屋のカウンター席でランチを食べ終えて一息ついていると、賄いを乗せたトレーを持った桃ちゃんがカウンター席に座った。もちろん、ソーシャルディスタンスを保つ2メートル以上の間隔をあけている。

 「バカラクイーンが!」

 話の導入はこのところずっと同じで、そろそろ飽きてきたかもしれませんが、勝ったときも負けたときも使えるので重宝しています。これよりいい冒頭が見つかるまで、もうしばらくお付き合いください。

 「誰に言っているんです?」

 居酒屋ブルースを読んでくれているユーザーの皆さん。

 「それも大切ですが、私へのツッコミはないんですか?」

 アイビスサマーダッシュでは桃ちゃんの本命馬ライオンボスが2着に来たのに、なんで3着の「バカラクイーンが!」なの? これまでのパターンなら「ライオンボスが!」だよね。

 「今までのパターンだと読者の方に飽きられると思って」

 ありがとう。

 「まあ、7月18日なんて馬でなく大相撲の横綱でしたから、バカラクイーンくらいでは読者も意外じゃないでしょうけど」

 そうかも(苦笑)。で、バカラクイーンにしたのはあれだよね。

 「そう。あれです、白帽。なんと白帽がまた来ちゃいました」

 居酒屋ブルースで勝負レースに選んだ重賞は、宝塚記念の回から白いアジサイの写真を載せ始めると、宝塚記念、ラジオNIKKEI賞、七夕賞と3週続けて白帽の1枠が馬券に絡んだ。七夕賞翌週の函館記念では白帽が来ずサイン馬券は終了したが、同日に行われた大相撲名古屋場所で白鵬が全勝優勝を果たし、“白のサイン”は継続していたのだ。

 「誰に言っているんです?」

 居酒屋ブルースを初めて読む方、しばらく読んでいなかった方に。

 「はいはい。話を戻していいですか?」

 うん。

 「しかも3着に来た白帽のバカラクイーンは14番人気。それも一頭だけ内ラチ沿いを一直線に駆け抜けての粘り込み」

 最内枠からの発走だったとはいえ鞍上・菅原の大胆な騎乗に驚いたよ。でも、週刊Gallopに載った菅原のコメントは「指示通りに迷いなく内ラチ沿いを進み、一瞬は勝てるかと思いました」。武井亮調教師の指示だったようだね。

 「陣営の作戦と、それに応えた騎乗はお見事でしたが、そのせいで私は3連複を取れず」

 桃ちゃんらしくないね。

 「だって先週、あんなこと言っちゃった手前、馬券は買えません」

 桃ちゃんの言う「あんなこと」とは「このレースの舞台は外枠有利といわれる新潟の直線1000メートル。白帽の1枠はバカラクイーンとモメチョッタですか…。今週も冒頭に白いアジサイを載せているようですが、サインも白鵬でストップかもしれませんね」という発言だ。

 「誰に言っているんです?」

 だから居酒屋ブルースの読者の皆さんに。確かに、これで2頭を馬券に加えていたら読者も怒るだろうね。

 「でも馬単と馬連はゲット。ライオンボスさんありがとう。さすが千直巧者!」

 さすがだね。

 「同じ前走韋駄天S組を本命に選んでも、鈴木さんの本命タマモメイトウは…」

 7着。鞍上・津村のレース後のコメントは「(時計の)速い馬場だったこともあり、前が止まってくれなかった」。韋駄天Sは稍重馬場での競馬で、前が止まったから伸びて来られたということなんだろうね。今回は速い時計に対応できなかった。そこを見誤った。韋駄天Sで9着に敗れたライオンボスが2番人気で、勝ったタマモメイトウは4番人気だから、ファンはよくわかっていたわけだ。

 「鈴木さんはよくわかっていなかった」

 事実だから反論できない。

 「そして、鈴木さんの『ガチンコ収支バトル』2021年第3ステージ(7~9月)のランキングは5位から8位にダウン」

 それでもベスト10以内に残った。ここが踏ん張りどころだよ。

 「LINEの人はどうだったんです?」

 「また白帽がー! さすがに入れてなかったです。しくりました!」って来たから、今週は取れなかったみたい。「師匠のサインを守ればよかった。3着に変な馬を足したのに白帽のバカラクイーンを入れてないとは(泣)」というのが続いて届いた。あと、「しばらく白帽の1枠は外せないかも」とも。

 「今週のクイーンSの白帽はクラヴァシュドールですか」

 今週も冒頭に白いアジサイを載せておいたよ。そろそろ予想に入ろうか。今週は僕、桃ちゃんの順だね。

 「では鈴木さん、どうぞ」

 本命はマジック…

 「やめてください!!!!!」

 桃ちゃんもマジックキャッスルが本命なの?

 「鈴木さんと本命がカブるとロクなことにならないので絶対やめてください」

 わかったよ。じゃあ、マジックキャッスルはなし。

 改めて、本命はウインマイティー。

 「鈴木さんのお気に入りの一頭。でも、ここ2戦は2桁着順ですけど…」

 6カ月半の休養で精神面のリフレッシュに成功しているらしいから、ここ2戦みたいなことにはならないと思っているよ。週刊Gallopに載っている五十嵐調教助手の話によると、昨年秋初戦の紫苑ステークスで他馬と接触してから難しい面を出すようになり、ここ2戦は自分から走るのをやめている感じだそうだ。

 そこで陣営が選んだのが長期リフレッシュ放牧というわけ。

 復帰の時期を決めず、馬の状態に合わせて焦ることなくじっくりと立て直しを図ってきたそうで、五十嵐助手いわく「攻め馬や運動場の様子を見る限り、以前のように敏感になっていませんし、周りの馬が気にならなくなりました。長い休養でリセットされてくれて、それが競馬でいい方に出ればいいですね」。リフレッシュ放牧がいい方に向かっているのは確かだろう。

 しかも今回は、鞍上に忘れな草賞で勝利に導いたミルコ・デムーロを再び迎える。ミルコといえば、今年のオークスを同じゴールドシップ産駒のユーバーレーベンで制しているように、この産駒との相性は良さそう。

 函館は初めての出走になるけど、父がデビュー戦で勝利を飾ったのが函館だった。娘は稍重の忘れな草賞を勝っているように、力の要る洋芝は合っているはずだ。久々の競馬で一変があっても不思議はない。

 桃ちゃん、よろしく。本命はわかっているから、今回は対抗も教えて。

 「マジックキャッスルが本命の理由は簡単。今回のメンバーでは実績上位だからです。去年の秋華賞2着から、愛知杯1着、阪神牝馬S2着、ヴィクトリアマイル3着は、ここに入れば大威張りできます。戸崎圭太さんが引き続き手綱を取るのもいいですね」

 対抗は?

 「マジックキャッスルと同じ国枝厩舎のドナアトラエンテにしました。去年の2月に1勝クラスを勝ち上がってから、連対を外したのは9着だった中山牝馬Sだけ。3冠牝馬に輝いたお姉ちゃんのジェンティルドンナに比べると遅咲きですが、いつ重賞を勝ってもおかしくないまでに来ています」

 ありがとう。

 「そういえば去年のオークスで、印は◎と○でもデアリングタクトとウインマイティーの2頭とも本命という汚い…いや斬新な手を使ってましたよね。去年のエリザベス女王杯でも◎ウインマイティー、○ラッキーライラックとも本命にしてました。本命も同じウインマイティーだし、今回もそうしたらどうです?」

 桃ちゃんに言われなくても、マジックキャッスルの◎を桃ちゃんに譲った段階で、そうするつもりだったよ。去年のオークスとエリザベス女王杯は両方とも馬券を当てているから、ゲン(験)を担ぐことにもなるしね。

 ◎⑧ウインマイティー
 ○⑥マジックキャッスル
 ▲⑤ドナアトラエンテ
 △①クラヴァシュドール
 △③フェアリーポルカ
 △⑨テルツェット
 △⑩サトノセシル
 △⑫シゲルピンクダイヤ

《3連複》1頭軸流し
 ⑧-①③⑤⑥⑨⑩⑫(21点) 各200円
 ⑥-①③⑤⑨⑩⑫(15点) 各300円
《馬連》
 ⑥-⑧ 1300円

 「白帽も入れてますね」

 ここでヌケにして来られたらダメージが大きいと思ったから。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

主な登場人物
ミチヤ…ひいきの居酒屋の店主。ずぶの素人から、どこまで競馬に興味を持ってくれるか
桃ちゃん…ひいきの居酒屋のアルバイト。馬券のセンスが抜群の競馬女子(UMAJO)。ちなみに、居酒屋ブルースのUMAJOは、酒場のあすピー→バイトのマヤ姉(ねえ)→桃ちゃんと変遷
LINEの人…謎の人物
カズマサ…夢の中の(?)ひいきの居酒屋の店主。馬券はデータ派。この居酒屋ブルースの世界から去っていった
琢磨…夢の中の(?)ひいきの居酒屋のスタッフ。好不調の波はあるが、馬券が当たると好調が続く。カズマサ同様、この居酒屋ブルースの世界から去っていった
もりやさん…夢の中の(?)ひいきの居酒屋の常連客。競馬とお酒が大好き。カズマサ、琢磨と一緒にこの居酒屋ブルースの世界から去っていった

鈴木学(すずき・まなぶ) デジタルメディア推進担当部長 

レース内容・騎手・厩舎

堅め

3連複

プロフィル

第1次東京五輪世代(第2次は2021年に誕生)。1993年2月にサンスポの競馬担当となり、2年間のブランク(運動部デスク)を挟んで競馬にどっぷり漬かっている。現場記者時代は紙上で予想コラム「鈴木に学べ」を連載も、たまに「鈴木が学べ」に。

予想スタイル

「3連複の軸馬」を◎にしている。3連単の期待値は3連複の6倍だが、人気馬が1着だと6倍以下になることが多い。人気馬を軸にするのなら3連複の方が得という考え。

同じレースの予想