中央競馬:予想予想

2020.2.15 15:14

【居酒屋ブルース】日曜東京11R

{"attribute":[{"baitai":"02","racedate":"20200216","racecourse":"05","raceno":"11","style":"02"}],"yosouka":76}

 【東京11R・共同通信杯】

 京都記念に出走予定だったクラージュゲリエが2月15日(土)の朝、出走を取り消しました。居酒屋ブルースは、金曜日夜にひいきの居酒屋で展開される会話を基本としているので、修正を加えず同馬に言及しているくだりをそのまま掲載させていただきます。

 では今週の居酒屋ブルースをお楽しみください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 ひいきの居酒屋のカウンター席に座ると、スタッフの琢磨が一升瓶を小脇に抱えて笑顔でおしぼりを持ってきた。先週のニヤニヤではなく、今週はニコニコだね。

 「はい。お礼をしたいので。これをどうぞ。私から幸せのおすそ分けです」

 「飛露喜(ひろき)」の純米吟醸か。ありがたくいただくよ。

 「女難の相、ありがとうございます。逆張りのおかげで東京新聞杯の馬券を当てることができました。神社のおみくじって当たるものなんですね。馬券を的中させた翌日、私もお礼参りに行ってきました。これからも居酒屋ブルースに女難が続きますように、とお願いしてきました」

 イヤミだね。

 「先週の居酒屋ブルースは、文字通り『女難予想』と言っていいでしょう」

 もりやさんまで言いますか…。

 「琢磨さんの予言が当たったので」

 「そうです。私は先週、東京新聞杯の本命をシャドウディーヴァにして、カズマサさんの本命プリモシーンと牝馬のワンツー決着になりそうな気がしますと言いました」

 覚えているよ。

 「で、結果は?」

 1着がプリモシーンで2着はシャドウディーヴァ。聞かなくても分かっているのに、やっぱりイヤミだね。

 「7270円の馬連を1点、1万2920円の馬単を行って来いの2点でゲット。いえーい!」

 バイトの桃ちゃんのような喜び方をしないでよ。

 「それだけうれしいんです。居酒屋ブルースの女難の相、ありがとうございます」

 こっちはうれしくないよ。

 「もちろん、今週も牝馬がいるレースを選んでくれるんですよね」

  勝負レースは共同通信杯にするよ。

 「コンバットマーチが回避して牝馬の出走はゼロです。残念。では早速、予想を披露してください」

 最初なの?

 「分かっているくせに。プリモシーンが本命だったカズマサさんがトリで、その前にシャドウディーヴァを本命にした私が予想を披露します」

 その前は?

 「◎にしたサトノアーサーが4着だった常連のお客さまのもりやさんで、その前が本命にしたヴァンドギャルドが6着だった桃。本命のレッドヴェイロンが9着だった居酒屋ブルースが最初です。1番人気の馬を消したのだから、女難に加えてまたもやデスノート化ですか? くわばらくわばら。共同通信杯のの前に京都記念の予想を少々…ですね」

 先週も言ったけど、先回りして言わないでよ。京都記念の本命はカレンブーケドール。

 「牝馬来たー!」

 喜びすぎだよ。

 「理由は?」

 ジャパンCの2着馬が、ジャパンCのときと同じ53キロで出られるんだよ。これは裸同然。秋華賞ではクロノジェネシスに先着を許して2着だったけど、外回りの2200メートルなら、こっちの方が適性は上。招待されたドバイシーマクラシックの前に重賞を勝っておきたいという陣営の意気込みも買っての本命だよ。

 「さて、勝負レースの共同通信杯だ…」

 それも先回りして言っちゃうの? まあいいか。本命はマイラプソディ。

 「牝馬がいなけりゃ、圧倒的1番人気馬。バント戦法で当てに行きましたね」

 ここまで無傷の3連勝。前走の京都2歳Sは内回りコースでも直線で手前を替えた途端に鋭い末脚を発揮していたように、直線の長い東京コースに替わればさらに威力を増すはず。3戦とも上がり3ハロンの時計はメンバー最速。ここも自慢の末脚でクラシックの有力候補に名乗りを上げるとみているよ。

 でも…。

 「でも?」

 もう一頭、気になる馬がいるんだ。

 「どれです?」

 エン。

 「ダートで2戦2勝ですね」

 昨年の暮れにエンを所有している岡田繁幸さんと会食したとき、共同通信杯を中央初戦に選んだ理由を聞いたら「コントレイルとサリオスは出てこないと聞いているから」って。あの2頭がいなければ勝ち負けになるという口ぶりだったんだよ。ダートで連勝中だけど、父のタヴィストックはモンジュー産駒だから、芝は絶対にこなせるはず。「ニュージーランドのせりで買ったときから『日本ダービーに出したい』と思っていた馬。全身を使った柔らかいフットワーク。モンジューの血統だけに、だんだん力がつくことを期待している」と岡田さんは言っていたね。

 10月生まれの南半球産馬なので、ほかの馬より2キロ少ない54キロで戦えるのも有利。この馬からも馬券を買うつもりだよ。

 次は桃ちゃんだね。先週は残念でした。

 「今週はしっかり当てたいと思います。琢磨さんに“いえーい!”を取られて燃えてきました」

 その意気でよろしく。共同通信杯はどの馬を本命にしたの?

 「ルメールさんのダーリントンホールです。マイラプソディも考えていたんですが、居酒屋ブルースに先に言われちゃったので。居酒屋ブルースと本命がかぶるとロクなことがないからやめました」

 そこまで言わなくても…。

 「でも対抗で厚めに買うつもりです。予想がかぶってなければ、馬券圏に来る確率も高そうなので」

 本命の理由は?

 「強いと思っているからです。新馬戦1着後は3着続きですが、前走は状態が物足りなくて予定していた東スポ杯を回避して臨んだレース。本調子なら、この馬が一番強いと思っています。2週前追い切りでは東京新聞杯を勝ったプリモシーンを外から豪快に抜き去ったように、状態は戻っているどころか良化しているとみています」

 京都記念は?

 「ステイフーリッシュが本命です。1番人気で2着だった昨年は、中山金杯2着からでした。今回は同じ距離のAJCC2着からの参戦。ここも2着以上は堅いと思ってます」

 続いてもりやさん、よろしくお願いします。きさらぎ賞は本命にしたストーンリッジが4番人気で2着。おめでとうございます。

 「ありがとうございます。この調子で頑張ります。私の京都記念予想は……ダラララララララララ。◎はクラージュゲリエで、○はドレッドノータス、▲はカレンブーケドールです。本命はダービーからの休み明け初戦ですが、昨年のダービーも馬券内に絡むと思って押さえていた馬です。女難になりそうな強い同世代の牝馬がいますが、男馬と男性トップジョッキーの力を見せつけてほしいところです!」

 続いて共同通信杯の予想をどうぞ。

 「私の共同通信杯の予想は……ダラララララララララ。◎はココロノトウダイで、○はダーリントンホール、▲はマイラプソディです。昨年のダノンキングリーなどクラシックをにぎわす馬が出てくるレースですね。今回はエイシンフラッシュ産駒の底力に期待しての本命です。父は直線の長い東京を得意としていたし、この馬も新潟で未勝利戦を勝ち上がったことを考えると、今回の舞台は狙いどころかと。やってくれそうです」

 次は琢磨か。君もきさらぎ賞はストーンリッジを本命にしていたね。

 「こちらは7350円の馬連のほかに2940円の3連複もゲット。いえーい!」

 「そんなに“いえーい!”を使わないでください!」

 「ごめん」

 琢磨も女の子には素直なんだね。で、共同通信杯の予想は?

 「居酒屋ブルースの本命マイラプソディが断然人気のもよう。鞍上が武豊じゃあ仕方ないです。武さんがクラシックに出るだけで盛り上がりますし、いいんじゃないでしょうか。でも一応、ディープインパクト産駒の成績が良さそうなので、マイラプソディに逆らうならばフィリオアレグロかなと」

 京都記念は?

 「繰り返しますが、先週は女難の相に逆張りでなかなか良い結果でした。今週も牝馬で穴狙い。と思ったら、カレンブーケドールもクロノジェネシスも人気になりそう。しかもカレンブーケドールは居酒屋ブルースの本命…。それ以上はコメントを控えさせていただきます。前走でいい思いをさせてもらったステイフーリッシュは、好走のあとは凡走しがち。本命にしたい馬が見当たらないですが、あえて指名するならば、京都巧者のアルメリアブルームですか。あ、牝馬だ」

 どうせ知ってて言っているんだろ。

 最後にカズマサ、よろしく。そういえば、きさらぎ賞は本命のアルジャンナが3着だったね。

 「1番人気なので自慢できませんが…」

 自分に厳しいね。今週もいい予想を期待しているよ。

 「京都記念は前走GI組が【5・5・8・18】(左から1着・2着・3着・4着以下)と断然。当日の単勝オッズが7~10倍未満の馬が【4・1・1・6】と勝率が高いので、上位の中でも少し人気が劣りそうなクラージュゲリエでいきます。年齢的にも4歳馬は好成績を収めています。もりやさんと本命がかぶりましたが、お客さまより先に言わなくてホッとしています」

 共同通信杯は?

 「こちらは琢磨の◎とかぶってしまいましたが、フィリオアレグロが本命です。プリモシーンを勝利に導いた鞍上ミルコ・デムーロに期待。馬場が渋ってもいけそうです」

 みんなの予想が出そろった。最後に居酒屋ブルースの共同通信杯の予想印と買い目を載せて終わりにしよう。

 いや、その前に京都記念の印も。◎カレンブーケドールから、○ステイフーリッシュ、▲クロノジェネシス、△アルメリアブルーム、クラージュゲリエ(編集部注・出走取消)に流す馬券を買ってみたい。

 共同通信杯の印は…

 ◎⑧マイラプソディ
 〇①エン
 ▲⑥ダーリントンホール
 △②ビターエンダー
 △③ココロノトウダイ
 △⑦フィリオアレグロ

《3連複》
 ①-⑧-⑥⑦(2点) 各3000円
 ①②⑧ 2000円
 ①③⑧ 1000円

《単勝》
 ①番 1000円

◇◇◇◇◇◇◇◇◇

主な登場人物
カズマサ…ひいきの居酒屋の店主。馬券はデータ派
琢磨…ひいきの居酒屋のスタッフ。好不調の波はあるが、馬券が当たると好調が続く
桃ちゃん…ひいきの居酒屋のアルバイト。馬券のセンスが抜群の競馬女子(UMAJO)。ちなみに、居酒屋ブルースのUMAJOは、酒場のあすピー→バイトのマヤ姉(ねえ)→桃ちゃんと変遷
もりやさん…ひいきの居酒屋の常連客。競馬とお酒が大好き

鈴木学(すずき・まなぶ) 関東エイト担当部長 

レース内容・騎手・厩舎

堅め

3連複

プロフィル

第1次東京五輪世代(第2次は2020年に誕生)。1993年2月にサンスポの競馬担当となり、2年間のブランク(運動部デスク)を挟んで競馬にどっぷり漬かっている。サンスポ記者時代は予想コラム「鈴木に学べ」を連載も、たまに「鈴木が学べ」に。

予想スタイル

「3連複の軸馬」を◎にしている。3連単の期待値は3連複の6倍だが、人気馬が1着だと6倍以下になることが多い。人気馬を軸にするのなら3連複の方が得という考え。

同じレースの予想