中央競馬:予想予想

2019.4.6 16:00

【競馬エイトGIスペシャル】桜花賞〈TM3人を無料公開!〉

{"attribute":[{"baitai":"04","racedate":"20190407","racecourse":"09","raceno":"11","style":"00"}],"yosouka":84}

◎④クロノジェネシス
▼星(関東・時計班)
 今年の3歳牝馬もかなりの高レベルだが、その中でもグランアレグリア、クロノジェネシス、ダノンファンタジーの3頭が素質、戦績ともに現状では一枚上の感。さらにその中でも、最も折り合い面に懸念のない④クロノジェネシスを桜の女王に指名。昨年の阪神JFは致命的と思われた大きな出遅れを、直線だけで挽回しての2着。決して力負けではなかったし、発馬の不安も前走で解消。鞍上の北村友騎手は先週の大阪杯で念願のGI初制覇。勢いに乗って本馬をGI馬へと導いてくれるはずだ。勝負馬券は馬単の1着固定。

◎⑧グランアレグリア
▼ヒロシ(関東・想定班)
 現在7つあるJRAの芝マイル(1600メートル)のGIを全て勝っている調教師は藤沢和師だけ(計13勝)。日本ダービーも有馬記念もジャパンCも勝っているが、とにかくマイルを速いタイムで走る馬をつくるノウハウにかけては、他の追随を許さない。しかも注目すべきは、新聞でもある程度印がつく上位人気馬(1~6番人気)で確実に結果を出しているというところ。7つの芝マイルGIに1~6番人気で出走したケースは開業以来64回あるが、その戦歴は1着13回、2着7回、3着回8回。その単勝回収率91パーセント。上位人気馬限定でこの数字は驚異的だ。

 桜花賞の2頭出し(シェーングランツ、グランアレグリア)は開業以来初。ワンツーの期待ももちろんあるが、勝つ可能性が高いのは⑧グランアレグリアの方。調教パターンに工夫を凝らした効果で、前走よりもまれ強くなっている点を強調したい。

◎⑨アクアミラビリス
▼阿部(関東・想定班)
 前評判が高いのは阪神JFの1、2着馬。ダノンファンタジーの方が1番人気だと思うが、ここ4年連続して1番人気馬、もしくはチューリップ賞の1着馬が勝っていないし、クイーンCからの直行馬に至っては40年以上も勝っていないという、クロノジェネシスにも嫌なデータがある。人気馬に安易に飛びつきたくない。そこで前走のエルフィンSで脚質転換に成功した⑨アクアミラビリスを抜擢(ばってき)。次元の違う末脚は阪神外回りにフィットしそう。馬券は馬連⑨-①②③④⑧⑭⑮⑯&3連複FM⑨-④⑮-①②③④⑧⑭⑮⑯。

同じレースの予想