中央競馬:予想予想

2019.1.1 12:04

【2019年の隠しダマ】関西エイト・鈴木ショータ

鈴木ショータTM

鈴木ショータTM【拡大】

【隠しダマ】

◎鮫島克駿騎手(22歳、栗東・浅見秀一厩舎所属)
 レース後のジョッキーたちのコメントは参考になることが多い。それは馬に対する見解で役立つことが多いが、ジョッキーの個性がわかるのもまたひとつの収穫。鮫島克駿騎手は、その日の馬場を読んで積極的に前に行ったり内にこだわったりする騎乗で、レース後にもそういった作戦を話してくれることが多い。そんな騎乗から人気以上に馬を走らせることが多く、馬券ファンには助かる存在だ。馬場読みの技術が最も生きるのが、馬場の差が出やすい道悪での競馬。良馬場のときと比べると、稍重~不良では好走率が上がるのだ。2019年に提唱したい格言は、「鮫島克駿騎手の道悪は買い!」

ショータ 関西競馬エイト時計班 

大穴

調教

3連複

プロフィル

1991年生まれ。関東エイト編集部の学生バイトを経て、関西でトラックマンデビュー。学生時代には中央、地方を全場渡り歩き、フランス、香港、ドバイまで駆け回っていた、根っからの現地観戦好き。

予想スタイル

レースラップや調教など数字的な裏付けを重視。100円を100万円にすることを夢見る大穴党で、好きな言葉は「人の行く裏に道あり、“穴”の山!」

※鈴木ショータの予想を閲覧するにはベーシックパックをご購入していただく必要があります

同じレースの予想