中央競馬:ニュース中央競馬

2022.3.9 04:52

ユーバーレーベンは鞍上レーンでドバイSCへ

ダミアン・レーン騎手

ダミアン・レーン騎手【拡大】

 ドバイシーマクラシック(26日、メイダン、GI、芝2410メートル)に挑戦する昨年のオークス馬ユーバーレーベン(美・手塚、牝4)は、ダミアン・レーン騎手(28)=豪州=とコンビを組むことが決まった。レーン騎手はリスグラシュー(宝塚記念、コックスプレート、有馬記念)、メールドグラース(コーフィールドC)などの日本馬で国内外のGIを制しており、強力な助っ人となる。なお、同馬を含め美浦からドバイに向かう5頭(他にシュネルマイスター、グローリーヴェイズ、アルクトス、コンバスチョン)は、出発日が1日遅れて15日に変更された。

 また、栗東・矢作厩舎からの遠征馬の鞍上も決定した。ドバイゴールドカップ(同、GII、芝3200メートル)のステイフーリッシュ(牡7)は、ルメール騎手。アルクオーツスプリント(同、GI、芝1200メートル)のエントシャイデン(牡7)、ゴドルフィンマイル(同、GII、ダ1600メートル)のバスラットレオン(牡4)は、坂井騎手が手綱を取る。

×