中央競馬:ニュース中央競馬

2022.3.7 10:38

【フィリーズR】ナムラクレア快速発揮で桜へ躍進

ナムラクレア

ナムラクレア【拡大】

 阪神では13日に桜花賞TR「第56回フィリーズレビュー」が行われる。例年同様にスピード色の強い面々が集結した。そんな中、実績面で頭ひとつリードしているのが父ミッキーアイルから快速を色濃く受け継いだナムラクレアだ。

 ◇

 昨夏にフェニックス賞を勝って挑んだ小倉2歳Sで重賞初制覇を飾ると、ファンタジーSは勝ち馬ウォーターナビレラと3/4馬身差の2着。前走の阪神JFはマイルが微妙に長いかと思われたが、直線で鋭く末脚を伸ばし、優勝馬サークルオブライフに0秒5差の5着まで詰め寄った。地力の高さをアピールするとともに折り合い面にも進境を感じさせる内容で、浜中騎手は「返し馬まではテンションが高かったが、レースでは落ち着いていた。こういう競馬ができればマイルもこなせる」と振り返る。

 中間の放牧を経て3カ月ぶりの実戦になるが、調整は順調に進められている。1週前は栗東CWコースで3勝クラスの古馬タガノディアーナに先着。6ハロン84秒3、ラスト1ハロン11秒8をマークした。「放牧からいい雰囲気で戻り、リフレッシュして20キロくらい馬体重も増えた。1週前追い切りではまだ少し重さを感じたが、レース週にやればきっちり仕上がるでしょう」と、長谷川調教師の表情は明るい。

 「外めに出して、コントロールの利いた競馬ができれば」とトレーナーはTRに照準を定めている。2度目の重賞Vを決め、桜の舞台へと躍進したい。(夕刊フジ)

★フィリーズRの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

×