中央競馬:ニュース中央競馬

2022.3.7 04:55

【弥生賞ディープインパクト記念】レースを終えて…関係者談話

弥生賞ディープインパクト記念で4着に敗れたジャスティンロック

弥生賞ディープインパクト記念で4着に敗れたジャスティンロック【拡大】

 ◆川田騎手(ジャスティンロック4着)「久々のぶん力みがありましたが、よく我慢してくれました。次に向けていい内容で走れたのではないでしょうか」

 ◆池添騎手(リューベック6着)「スッと先手を取って自分のペースで逃げることができました。ただ、このメンバーだとさらに決め手がほしいですし、体もまだ良くなりそうです」

 ◆国枝調教師(ロジハービン7着)「大外枠で流れも遅く、結果的に途中から動くことになってしまいました。着順ほど負けていないので、次に期待します」

 ◆菅原明騎手(アケルナルスター8着)「跳びがきれいな馬で、3~4コーナーの(芝の)掘れたところでスピードに乗っていけませんでした」

 ◆横山武騎手(メイショウゲキリン9着)「逃げも考えていたが、隣の馬が速く、出た瞬間から譲らない感じだったので行けませんでした」

 ◆昆調教師(マテンロウレオ10着)「この馬の悪いところばかり出てしまいました。次を見据えた仕上げだったので、本番ではチャンスがあると思います」

 ◆丸田騎手(ラーグルフ11着)「3コーナーからずっとブレーキを踏み通しで終わってしまいました」

★6日中山11R「弥生賞ディープインパクト記念」の着順&払戻金はこちら

×