中央競馬:ニュース中央競馬

2022.3.7 10:37

【中山牝馬S】ルビーカサブランカ9ハロンOK!

ルビーカサブランカ

ルビーカサブランカ【拡大】

 12日の中山では牝馬GIII「第40回中山牝馬S」が行われる。ハンデ戦だけに波乱の目は十分。昨年は3連単14万馬券が出ており、穴党も目が離せない一戦だ。

 ◇

 ルビーカサブランカは3勝クラスを勝って挑んだ愛知杯で重賞初制覇を飾った。1週前には栗東CWコースでラスト1ハロン11秒3をマークし、さらに調子を上げている。9ハロンへ1ハロン短縮するが、新馬戦を快勝した距離で対応可能。中山では昨年4月に3勝クラスでクビ差の2着に好走しており、重賞連勝を狙う。

 ミスニューヨークは昨年のターコイズSをメンバー最速となる上がり3ハロン34秒6で伸びて差し切った。全5勝のうち4勝を9ハロンであげているだけに、1ハロンの延長は大きなプラス。先行有利のコースをどう立ち回るかがカギになる。

 ローザノワールは当レースと同じ舞台のLディセンバーSを逃げ切っており、マイペースの逃げに持ち込みたい。牝馬重賞2勝の実力馬フェアリーポルカは前走のターコイズSで4着と復調気配にある。同じく重賞2勝のテルツェットはエリザベス女王杯11着以来、4カ月ぶりの実戦でも態勢は整っている。(夕刊フジ)

★中山牝馬Sの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

×