中央競馬:ニュース中央競馬

2022.2.23 18:14

マイシンフォニーが武豊騎手とのコンビでフィリーズRへ

引き続き武豊騎手とのコンビでフィリーズRに向かうマイシンフォニー

引き続き武豊騎手とのコンビでフィリーズRに向かうマイシンフォニー【拡大】

 12日阪神の未勝利戦(芝1800メートル)を勝ち上がったマイシンフォニー(栗東・松永幹夫厩舎、牝3、父ディープインパクト)は、引き続き武豊騎手とのコンビでフィリーズR(3月13日、阪神、GII、芝1400メートル)に向かう。

 松永幹調教師は「前走は力のあるところを見せてくれましたし、うまく立ち回ってくれました。能力は高いですからね。いいスピードがあって、スタートも速い馬なので(初の1400メートルの距離にも)対応してくれると思います」と楽しみにする。

 半兄マイラプソディ(父ハーツクライ)はデビューから3連勝で京都2歳Sを制し、クラシックに出走した。4戦目で勝ち上がった妹は、トライアル戦で桜花賞(4月10日、阪神、GI、芝1600メートル)の優先出走権獲得を目指す。

★マイシンフォニーの競走成績はこちら

×