中央競馬:ニュース中央競馬

2022.2.18 12:18

【京都牝馬S】重賞データ分析byウマニティ

4項目で減点のない4頭からギルデッドミラーを最上位に

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回は京都牝馬ステークス・データ分析をお届けします!

【馬齢】

距離が1400mとなった、2016年以降(2020年以前は京都で施行)の3着以内馬延べ18頭の馬齢をみると、4歳から6歳の範囲。ただし、6歳の最高着順は3着止まりとなっている。覚えておきたい傾向のひとつといえよう。

(減点対象馬)

(4)プールヴィル (5)コロラトゥーレ (6)アスタールビー (9)メイショウケイメイ (14)ジュランビル (15)タンタラス (16)ドナウデルタ (17)アクアミラビリス

【前走成績】

前走の着順に関しては、重賞なら8着以内、オープン特別は2着以内、条件クラスであれば1着が目安。2016年以降の1~2着馬延べ12頭中11頭が該当する。例外の1頭には、G1で3着の好走歴があった。G1での良績がないうえに、先述の条件を満たしていない馬は評価を控えめにしたい。

(減点対象馬)

(1)サンクテュエール (4)プールヴィル (5)コロラトゥーレ (6)アスタールビー (7)ロータスランド (9)メイショウケイメイ (12)ビッククインバイオ (13)クリスティ (16)ドナウデルタ (17)アクアミラビリス

【前走馬体重】

2016年以降の3着以内全馬の前走馬体重を確認すると、422キロから500キロの間。500キロ超の大型馬、ならびに420キロ以下だった小ぶりな馬は苦戦を強いられている。

(減点対象馬)

(18)ビップウインク

【距離実績】

1400mの重賞ながらマイル適性も求められる一戦。2016年以降の2着以内馬延べ12頭のうち、11頭に1600mでの勝利経験があった。例外は2020年2着のプールヴィルのみ。同馬は芝1400mで連対率100%(2020年の当レース出走直前の段階)の好成績を収めていた。相応の実績がない、マイル戦未勝利馬の過信は禁物だ。

(減点対象馬)

(4)プールヴィル (5)コロラトゥーレ (6)アスタールビー (9)メイショウケイメイ (10)オールアットワンス (14)ジュランビル (18)ビップウインク

【データ予想からの注目馬】

上記4項目で減点がないのは、(2)スカイグルーヴ、(3)クリノプレミアム、(8)シゲルピンクルビー、(11)ギルデッドミラーの4頭。最上位は(11)ギルデッドミラーとする。前年2着という舞台適性の高さはもちろん、近年の京都牝馬Sで上位好走例が多い、前走ターコイズS組に該当することも好印象だ。

2番手は(8)シゲルピンクルビー。過去6年、前走1200m組が未勝利であるのは気がかりも、本馬自身は当該コースで重賞勝ちを含む2戦2勝と抜群の相性を示している。軽視はできないだろう。ほか、当該距離で連対を外していない(2)スカイグルーヴ、芝1400mで【0.1.1.0】の(3)クリノプレミアムらも注目に値する。

<注目馬>
(11)ギルデッドミラー (8)シゲルピンクルビー (2)スカイグルーヴ (3)クリノプレミアム

(提供元:競馬予想のウマニティ)

×