中央競馬:ニュース中央競馬

2022.2.17 18:15

今年2勝目へ!藤田菜七子は小倉で8鞍に騎乗

藤田菜七子騎手は今年2勝目を目指し、小倉で8鞍に騎乗する

藤田菜七子騎手は今年2勝目を目指し、小倉で8鞍に騎乗する【拡大】

 19、20日の出走馬が17日に確定した。1月29日の小倉5レース(ブルーゲート)で今年の初勝利を挙げ、JRA通算140勝とした藤田菜七子騎手(24)=美浦・根本康広厩舎=は、小倉開催に引き続き参戦。土曜4鞍、日曜4鞍の計8鞍に騎乗する。

 今週末の騎乗馬で最も注目は土曜小倉7レース、牝馬限定の4歳上1勝クラスに出走予定のルヴァンノワール(4歳、栗東・庄野靖志厩舎)か。初の2000メートル戦となった前走で、重馬場の中を直線しっかり脚を伸ばして4着。初勝利を挙げた1800メートルに戻って期待したい。

 その他、土曜1レースでは、今月限りで定年、引退を迎える田中清隆調教師(70)=美浦=の管理馬ワイワイウォリアー(牡3歳)、今年初のメーン騎乗となる11レースの大濠特別(2勝クラス)でサウスジェラート(牝4歳、美浦・伊坂重信厩舎)、日曜は最終12レースでオールマイフレンズ(牝4歳、美浦・新開幸一厩舎)などに騎乗する。

 また、古川奈穂騎手(21)=栗東・矢作芳人厩舎=は計6鞍(阪神で土曜3鞍、日曜3鞍)、永島まなみ騎手(19)=栗東・高橋康之厩舎=は計6鞍(小倉で土曜3鞍、阪神で日曜3鞍)の騎乗を予定している。

★「藤田菜七子騎手の特集ページ」はこちら!フォトギャラリーなど菜七子の魅力が満載!

×