中央競馬:ニュース中央競馬

2022.2.6 19:02

【きさらぎ賞】福永&エアアネモイは見せ場なく10着 福永「最後は歩いていました」

 2月6日の中京11Rで行われた第62回きさらぎ賞(3歳オープン、別定、GIII、芝2000メートル、11頭立て、1着賞金=4000万円)は、横山典弘騎手騎乗で2番人気に支持されたマテンロウレオ(牡、栗東・昆貢厩舎)が中団から渋太く伸びて勝利。大接戦を制し、初重賞タイトルを獲得した。タイムは2分0秒5(良)。

 落馬負傷による戦線離脱からの復帰後初重賞騎乗となった福永祐一騎手とのコンビで挑んだエアアネモイ(4番人気)は、最内枠から好スタートを決めて好位につけたものの、勝負どころで動くことができずズルズルと後退。10着大敗という結果に終わった。

 ◆福永祐一騎手「もともと喉に疾患のある馬で、これまでは走っているときには出ませんでしたが、今回は気温が低かったためか、最後は歩いていました」

★6日中京11R「きさらぎ賞」の着順&払戻金はこちら

×