中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.29 10:47

【ズバッと!言いたい放題】2022年クラシックを占う

武豊と牽引する牡馬3冠ロード!ドウデュース

武豊と牽引する牡馬3冠ロード!ドウデュース【拡大】

 無敗の牡牝3冠馬が誕生した2020年から一転、21年は牡馬クラシック(皐月賞=エフフォーリア、日本ダービー=シャフリヤール、菊花賞=タイトルホルダー)、牝馬3冠(桜花賞=ソダシ、オークス=ユーバーレーベン、秋華賞=アカイトリノムスメ)それぞれでチャンピオンが誕生した。果たして22年は-。ひと足先に春のクラシックを占った。

 村瀬 21年は牡牝3冠の勝ち馬がバラバラ。エフフォーリアがダービーを勝っていれば話は違ったんでしょうけどね。

 水谷 新3歳世代は牡牝とも手のつけられない主役はおらんと思う。馬券的妙味たっぷりやな。

 しの 出た、穴党の希望的観測。

  ま、ワシから見ても群雄割拠に映る。まずはダービーからいこか。

 大王 朝日杯FS勝ちのドウデュース(栗東・友道厩舎)はハーツクライ産駒だけに距離延長も大丈夫。武豊騎手も「2000メートルはもつ」と。

 片山 友道厩舎はさすがだよね。これにサトノヘリオス、リアドがいて、東京10ハロンの未勝利戦をレコード勝ちしたジュンブロッサムもA級の持続力の持ち主だと思う。

  それでもトップはドウデュースやろな。友道師は「距離はあったほうがいい。ただ、年末はコース形態を考えてホープフルSではなく阪神の外回りへ」と。狙いは皐月賞より東京2400メートルやろか。武豊ジョッキーは20、30、40、そして50代でもダービー制覇、なんて筋書きまであるで。

 しの 私は東スポ杯2歳Sを勝ったイクイノックス(美浦・木村厩舎)に注目。迫力ある馬体に大物感が漂います。

 村瀬 同感。キタサンブラック産駒で何であんなに切れるのか。母シャトーブランシュも確かに瞬発力はあった。それにしてもねえ。

  デビュー戦の3着馬が阪神JF勝ちのサークルオブライフ。ミルコいわく「新馬戦はレベルが高かった。勝った馬は来年のダービー馬だよ」ゆうとったで。

 しの それ、エフフォーリアの共同通信杯勝ちのときにルメール騎手が言ってたセリフと同じですね。

 村瀬 いいんだか悪いんだか。

 大王 朝日杯FS組では3着ダノンスコーピオン(栗東・安田隆厩舎)にも注目したい。

 しの 私は◎でした。

 片山 ボクも。

  確かに成長の余地は大きいやろな。

 大王 父ロードカナロアもアーモンドアイのようにクラシックディスタンスで戦える産駒を出しているしね。

 水谷 何や、みんなメジャーな馬ばかり。

 しの じゃあ恒例の穴党タイム、どうぞ♪

 水谷 ふん。本番までこの紙面、絶対に捨てたらアカンで。ボルドグフーシュ(栗東・宮本厩舎)はエリカ賞で7着やけど、出遅れて出して行かざるを得んかった。それで脚がたまらんかっただけ。昭和の香りがする豪快な追い込みで楽しませてくれるはずやで。

 大王 ジャスティンロック(栗東・吉岡厩舎)は未勝利→京都2歳Sを連勝中。デビュー3戦がすべて上がり最速だし、一族には名牝ホクトベガの名前も。応援したくなる1頭だな。

 村瀬 朝日杯で2強って言われてたセリフォス(栗東・中内田厩舎)とジオグリフ(美浦・木村厩舎)はもういいんですか? 皐月賞までは有資格馬だと思いますよ。

  マイルでドウデュースにやられてもうたからなあ。

 水谷 締め切りの関係でホープフルSでどうなっとるか現時点では不明やけど、アケルナルスター(美浦・清水英厩舎)は未勝利勝ちが度肝を抜くパフォーマンス。これも忘れたらアカン馬や。

 片山 ホープフルS組という意味ではコマンドラインも一緒。とにかく西が友道厩舎なら東は国枝厩舎のラインアップがすごい。牡馬の主軸がコマンドとすれば、やっぱり牝馬はサークルオブライフということになる。

 しの 血統的に距離が延びても大丈夫。オークスの有力候補でしょう。

  「ズブかった馬が阪神JFではすぐに馬の後ろに行けた。距離が延びても大丈夫だし、来年が楽しみ」とミルコ。確かにオークス向きやな。

 大王 この世代は快速馬が多い。春2冠では激流もあり得るし、ナミュール(栗東・高野厩舎)の巻き返しがないかな。ハービンジャー産駒だけに東京2400メートルでも踏ん張れるのでは。

 村瀬 阪神JFでは絶対に負けないと思ってました。とにかくゲート次第だけど、桜花賞だろうがオークスだろうが来るまで追いかけるかな。

 しの やだ、ストーカーは水谷さんだけにしといてほしいのに。

 水谷 何や、とんだとばっちりやな。

 片山 追いかけるのは大事だよ。で、国枝厩舎“第二の矢”がウィズグレイス。ぶっちぎった東京10ハロンの未勝利戦のマイル通過が1分33秒7。このスピードは侮れない。さらに“第三の矢”が新馬圧勝のサリエラ。

 村瀬 サラキア、サリオス、エスコーラときて、このきょうだいは得体が知れない。妹が一番出世するかもですね。

 片山 「同厩舎複数頭出しは人気薄から」。古くからの格言をとにかく忘れずに攻めたいね。

 しの 私は美浦の相沢厩舎の2頭にも注目。ライラックは京都2歳S(8着)でゲート入り時にムチで叩かれすぎて戦意喪失。ミルコは納得がいっていないらしく、また騎乗するそう。モカフラワーも相当に能力を買われている馬ですよ。

 水谷 ほな、穴党タイムやけど、ゴールドローズ(栗東・飯田祐厩舎)に注目しとる。

 しの あ、自分で時間設けた。

 水谷 阪神マイルの未勝利勝ちがまさに衝撃的なパフォーマンス。穴党の琴線を激しく震わせてくれるタイプやな。それにスタティスティクス(栗東・石坂厩舎)。阪神JFは大外から最後の最後に伸びて8着。この経験は大きいし、2冠ともに楽しみな存在や。

 片山 ボクの秘密兵器はアストロフィライト(栗東・中内田厩舎)。2馬身の出遅れも何のその、インを突き抜けたメンタルの強さに注目。オークスはラリュエル(栗東・矢作厩舎)。好メンバーが集まった新馬戦を余裕残しの仕上げで勝ち切った。これも楽しみ。

 村瀬 ここに名前のあがった馬たちからクラシックホースが誕生するといいね。

 しの 皆さん、ダービーが終わるまでこの紙面、机に貼って仕事してくださいね♪

(夕刊フジ)

関連

  • 距離延びてこそ!樫主役サークルオブライフ
×