中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.20 04:50

【朝日杯FS】松島代表「武君で勝つのがうれしい」

馬上の武豊騎手とグータッチをかわすキーファーズの松島正昭オーナー(右)

馬上の武豊騎手とグータッチをかわすキーファーズの松島正昭オーナー(右)【拡大】

 ドウデュースの馬主・(株)キーファーズの松島正昭代表(63)は、今年、個人名義で共同所有するブルームでGI(仏サンクルー大賞)を勝ったが、JRA・GIは初勝利。「良かった。感動しました。武君で勝つのが何といってもうれしいですね。武君の2年ぶりのGI勝利で、初の朝日杯FSですし、話ができすぎていますね。また来年頑張ります」と笑みを浮かべた。

 生産牧場・ノーザンファームは、2018年(アドマイヤマーズ)から4年連続となる朝日杯FS10勝目。吉田俊介副代表(47)は「レース前に豊さん、友道調教師ともに『自信がある』と仰っていて、その通りの強い競馬でしたね。牧場ではハーツクライの子にしては背中が短くて柔らかくて、とてもいい馬でした。来年どういう競馬をしてくれるのか楽しみですね」と話した。現1歳の半妹(父ロードカナロア)は、美浦・尾関知人厩舎からデビュー予定となっている。

★19日阪神11R「朝日杯FS」の着順&払戻金はこちら

×