中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.19 18:50

【朝日杯FS】2番人気ジオグリフは後方から届かず5着 ルメール「結果的に後ろすぎましたね」

朝日杯FSで5着に敗れたジオグリフ

朝日杯FSで5着に敗れたジオグリフ【拡大】

 12月19日の阪神11Rで行われた第73回朝日杯フューチュリティステークス(2歳オープン、牡・牝、GI、芝1600メートル、馬齢、15頭立て、1着賞金=7000万円)は、武豊騎手の3番人気ドウデュース(牡、栗東・友道康夫厩舎)がデビューから無傷の3連勝で2歳マイル王の座に就いた。タイムは1分33秒5(良)。

 新馬戦、札幌2歳Sを連勝し2番人気に支持されたジオグリフは、道中は後方2番手を追走。直線では大外に持ち出し上がり3ハロン最速タイの末脚で追い込むも、上位馬には届かず5着に敗れた。

 ◆C・ルメール騎手「後ろのポジションからの競馬をしました。道中はリラックスできていましたし、呼吸も良かったのですが、直線では大外を走らされる形になりましたからね。伸びてはくれましたが、結果的に(位置取りが)後ろすぎましたね。距離が延びれば大丈夫だと思います」

★19日阪神11R「朝日杯FS」の着順&払戻金はこちら

×