中央競馬:ニュース中央競馬

2021.12.4 18:43

【ステイヤーズS】逃げ粘ったアイアンバローズが2着 石橋脩「あそこまでいけば勝ちたかった」

ステイヤーズSで2着に敗れたアイアンバローズ

ステイヤーズSで2着に敗れたアイアンバローズ【拡大】

 12月4日の中山11Rで行われた第55回ステイヤーズステークス(3歳以上オープン、GII、別定、芝3600メートル、13頭立て、1着賞金=6200万円)は、田辺裕信騎手の6番人気ディバインフォース(牡5歳、栗東・寺島良厩舎)が鮮やかな差し切りを決め、重賞初制覇を果たした。タイムは3分47秒6(良)。

 重賞初制覇を目指したアイアンバローズは、スローペースと見るや1周目の向こう正面で一気にハナへ。勝負どころから後続の馬たちが押し寄せても譲らず、そのまま押し切りを図ったが、ゴール手前で外からきた勝ち馬に差し切られて惜しくも2着に敗れた。

 ◆石橋脩騎手「リズムが大事だと考えていました。距離はもつと思っていたので(途中から)自分から動いていきました。ラストも止まっていないので、あそこまでいけば勝ちたかったです」

★【ステイヤーズS】払い戻し確定!! 全着順も掲載

×