中央競馬:ニュース中央競馬

2021.11.6 18:26

【ファンタジーS】ソダシの妹ママコチャは3着 藤岡佑「もう少しうまく立ち回れていれば良かったですね」

ファンタジーSで3着に敗れたママコチャ=阪神競馬場(撮影・安部光翁)

ファンタジーSで3着に敗れたママコチャ=阪神競馬場(撮影・安部光翁)【拡大】

 11月6日の阪神11Rで行われた第26回ファンタジーステークス(2歳オープン、GIII、芝1400メートル、牝馬、10頭立て、1着賞金=2900万円)は、武豊騎手の2番人気ウォーターナビレラ(栗東・武幸四郎厩舎)が2番手追走から直線抜け出し、デビューから無傷の3連勝。7月の函館記念以来、2度目となる武兄弟のタッグで重賞初制覇を果たした。タイムは1分21秒1(良)。

 桜花賞馬ソダシの全妹ママコチャは、外枠9番が響いて終始外々を回る展開となったが、直線では競り合う上位2頭に必死に食らいついて3着に入線した。

 ◆藤岡佑介騎手「スタートを決めて2番手ぐらいにつけられれば…と思っていましたが、半馬身ほど遅れて枠なりのレースになりました。もう少しうまく立ち回れていれば良かったですね」

★6日阪神11R「ファンタジーS」の着順&払戻金はこちら

×