中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.24 15:52

【菊花賞】大逃げV!タイトルホルダーがクラシック最後の一冠制す

逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー。鞍上の横山武史騎手は高く指を掲げた

逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー。鞍上の横山武史騎手は高く指を掲げた【拡大】

 10月24日の阪神11Rで行われた第82回菊花賞(3歳オープン、牡・牝、GI、芝・3000メートル、馬齢、18頭立て、1着賞金=1億2000万円)は、横山武史騎手騎乗の4番人気タイトルホルダー(牡、美浦・栗田徹厩舎)がゲートを出ると一気にハナに立ち、そのまま逃げ切って勝利。春2冠の優勝馬が不在のなか、42年ぶりに阪神競馬場で行われた3歳牡馬クラシック最終戦を制し、GI初制覇。皐月賞2着、日本ダービー6着、秋初戦セントライト記念13着大敗からの巻き返しに成功した。タイムは3分04秒6(良)。

 5馬身差の2着にはオーソクレース(3番人気)、さらにアタマ差遅れた3着に紅一点のディヴァインラヴ(6番人気)が入った。なお、1番人気のレッドジェネシスは13着、春2冠3着のステラヴェローチェは4着に敗れた。

 ◆横山武史騎手「前走がひどい競馬になってしまったのでリベンジという意味でも勝ちたいと思って挑みました。個人的にはこの馬には距離が長いと思っていたのですが、終わってみたら完勝でした。馬を信じてあげられなった自分が恥ずかしいです。(最後は余裕もあったのでは?)馬は余裕だったかもしれませんが、ジョッキーはまったく余裕はなかったです(笑)(今後は?)まじめすぎるところが長所でもあり短所でもある馬なので、関係者と一緒にうまく歩んでいけたらと思います」

 菊花賞を勝ったタイトルホルダーは、父ドゥラメンテ、母メーヴェ、母の父Motivatorという血統。北海道新ひだか町・岡田スタツドの生産馬で、馬主は山田弘氏。通算成績は8戦3勝。重賞は今年の弥生賞ディープインパクト記念(GII)に次いで2勝目。菊花賞は管理する栗田徹調教師、騎乗した横山武史騎手ともに初勝利。

★【菊花賞】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 菊花賞をタイトルホルダーで制して鞍上で高く指を掲げるガッツポーズをする、横山武史騎手
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー。鞍上の横山武史騎手は高く指を掲げた
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダーと、鞍上の横山武史騎手
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー
  • 菊花賞をタイトルホルダーで制し、喜ぶ横山武史騎手
  • 菊花賞をタイトルホルダーで制し、助手と握手をする横山武史騎手
  • タイトルホルダーで菊花賞を制し、喜ぶ横山武史騎手と栗田徹調教師
  • 菊花賞で2着に敗れたオーソクレース
  • 菊花賞で3着に敗れたディヴァインラヴ
  • 菊花賞で5着に敗れたディープモンスター
  • 菊花賞で13着に敗れたレッドジェネシス
  • 菊花賞で4着に敗れたステラヴェローチェ
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー
  • 逃げ切って菊花賞を制しGI初制覇を果たしたタイトルホルダー
  • タイトルホルダーで菊花賞を制した山田弘オーナー
  • 菊花賞をタイトルホルダーで制し、ガッツポーズの横山武史騎手