中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.21 14:31

【菊花賞】クラシック最後の一冠を制すのは!?春2冠3着のステラヴェローチェは7枠14番 枠順確定

菊花賞の枠順が確定。秋初戦の神戸新聞杯を勝利したステラヴェローチェは7枠14番に決まった

菊花賞の枠順が確定。秋初戦の神戸新聞杯を勝利したステラヴェローチェは7枠14番に決まった【拡大】

 10月24日に阪神競馬場で行われる「第82回菊花賞」(GI、阪神11R、3歳オープン、牡馬・牝馬、馬齢、芝3000メートル、1着賞金1億2000万円)の枠順が21日に確定した。

 春のクラシック2戦でともに3着、秋初戦の神戸新聞杯でダービー馬を破ったステラヴェローチェ(牡、栗東・須貝尚介厩舎)は7枠14番、GI2勝マリアライトを母に持つ良血馬オーソクレース(牡、美浦・久保田貴士厩舎)は8枠18番、セントライト記念の覇者で、追加登録料200万円を支払っての参戦となるアサマノイタズラ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)は1枠2番、セントライト記念13着からの巻き返しを期すタイトルホルダー(牡、美浦・栗田徹厩舎)は2枠3番からスタート。

 そのほか、神戸新聞杯2着で、全3勝を挙げる川田将雅騎手に手綱が戻るレッドジェネシス(牡、栗東・友道康夫厩舎)は3枠5番、ラジオNIKKEI賞で重賞初制覇を飾ったヴァイスメテオール(牡、美浦・岩戸孝樹厩舎)は7枠15番、JRA・GI初挑戦となる四位洋文調教師の管理馬モンテディオ(牡、栗東・四位洋文厩舎)は5枠10番、74年ぶりの牝馬による優勝を狙うディヴァインラヴ(牝、栗東・斉藤崇史厩舎)は6枠11番に決まった。

 皐月賞馬エフフォーリア、日本ダービー馬シャフリヤールが不在で混戦ムード漂う牡馬クラシック最終戦の菊花賞は24日、阪神競馬場(11R)で、午後3時40分にスタートが切られる。

★菊花賞の枠順はこちら 調教タイムも掲載