中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.14 05:00

【秋華賞】ソダシ「完璧」最終リハで2冠手応え

ソダシは栗東坂路で吉田隼騎手を背に迫力満点の動き。2冠制覇に向けて万全の態勢に、須貝調教師もにっこりだ(撮影・岩川晋也)

ソダシは栗東坂路で吉田隼騎手を背に迫力満点の動き。2冠制覇に向けて万全の態勢に、須貝調教師もにっこりだ(撮影・岩川晋也)【拡大】

 牝馬3冠最終戦・秋華賞の追い切りが13日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。白毛のアイドルホース、ソダシ(栗東・須貝尚介厩舎、牝3歳)は、坂路での併せ馬で4ハロン55秒0-12秒2を余力十分に計時。落ち着いてタメが利いた走りで好仕上がりをアピールし、調教評価はただ一頭、最高の『S』となった。春から心身ともに成長。オークス8着の雪辱を果たし、史上12頭目の桜花賞&秋華賞の2冠制覇を成し遂げる。

 純白のたてがみをなびかせ、白毛のアイドルホースが栗東の坂路をさっそうと駆け抜けた。桜花賞との牝馬2冠、GI通算3勝目を狙うソダシが、大人びた走りで完璧な最終リハを披露。手綱を取った吉田隼人騎手は、納得の表情で切り出した。

 「(併走相手の)2歳馬のお手本となるような調教をするイメージで、トップギアに入れないように。今週末に力を出せるよう、ガスが抜けたような感じです」

 僚馬シャウビンダー(2歳新馬)を追いかける形でスタート。鞍上との呼吸ぴったりに、道中はしっかり折り合った。直線に向くと馬なりのままぐんと加速。ラスト1ハロンを過ぎたあたりで先行していた相手を悠々とかわし、1馬身半差で先着した。全体時計は4ハロン55秒0と控えめながら、ラスト1ハロン12秒2をマークしたゴール前は迫力満点。動きを見届けた須貝調教師は「隼人とも、『理想的、完璧だね』という話をしました」と目を細めた。

 テンションが上がりやすい面があり、1週前までに負荷をかけ、当週はソフトに仕上げるのがソダシの調整パターン。今回もそれを踏襲したが、中身が違う。1週前の6日に栗東坂路で自己ベストの4ハロン50秒2を馬なりで計時。この日は余力残しの調整だったが、道中はタメが利いてしまいではじける、めりはりのついた走りで心身の成長をアピール。調教内容、調整過程とも文句なしで、調教評価はただ一頭の『S』となった。ひと夏を越して坂路の自己最速時計を一気に1秒6も縮めたのは、肉体面の進化が大きい。担当の今浪厩務員は「後肢のキック力が強くなって、それが前脚の伸びの良さにもつながっている」と証言する。

 デビュー5連勝で2冠取りに挑んだオークスは、まさかの8着で初めての黒星を喫した。だが、前走の札幌記念では、年長のGIウイナー3頭を撃破し、再び強い姿をファンに披露。オークス馬ユーバーレーベンとの再戦になる3冠最終戦は、復権をアピールする格好の舞台だ。須貝調教師は「“ツヨカワアイドル”といわれていますが、もっとツヨカワになってほしい」と結んだ。

 乙女だった春から、大人の階段を登って迎えた秋。力強い走りで、ソダシが3歳世代の最強牝馬であることを証明する。 (山口大輝)

★競馬エイト籔本TMの追い切りチェック…レース当週の坂路馬なり調教はこれまでと同様だが、春と比べて精神面でかなり成長している。追い切りの入りで行かせないように抑えていた春と違い、今はそれが全くない。13日の坂路では最初の1ハロン15秒0と実にゆったりした走りで、道中も前の2歳馬を見ながらしっかりとタメが利いていた。最後は楽に加速して残り100メートル付近でかわし、馬なりでラスト1ハロン12秒2。坂路で4ハロン50秒2の自己最速をマークした1週前で態勢は整っており、今週は軽め(同55秒0)で十分。前走の札幌記念時にも精神面の成長を感じたが、そのままいい雰囲気で調整できている。

 馬体のバランスも良くなっている。もともと肩回りや胸など、上半身に筋肉が付いたタイプで、お尻のあたりがさびしく映っていたが、お尻に丸みが出て見栄えがするようになった。体重は同じでも馬体はどんどん良くなっており、パワーアップしてすごいキック力がついている。心身ともにパーフェクトな仕上がりで臨めそうだ。 (競馬エイトトラックマン・籔本俊介)

■籔本 俊介(やぶもと・しゅんすけ) 1972(昭和47)年6月21日、京都府生まれ。49歳。関西競馬エイト・時計班で坂路担当。競馬エイトのコラム『YABU×SAKAでない』で坂本和トラックマンと楽しく、よく当たる!? “掛け合い予想”を展開中。

★秋華賞の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載