中央競馬:ニュース中央競馬

2021.10.9 04:54

ミスチヴィアスアレックスが種牡馬として静内に導入

 (公社)日本軽種馬協会は8日、種牡馬2頭の導入を発表した。2021年の米GIカーターHなど重賞4勝のミスチヴィアスアレックス(17年産、父イントゥミスチーフ、母ホワイトパンツナイト、母の父スパイツタウン)は静内種馬場で、19年からアロースタッドで供用されているGIII京阪杯を2勝したネロ(11年産、父ヨハネスブルグ、母ニシノタカラヅカ、母の父サンデーサイレンス)は九州種馬場で、ともに22年から供用予定としている。