中央競馬:ニュース中央競馬

2021.9.16 12:12

【ローズS】ズバリ!調教診断(水曜追い切りチェック)byウマニティ

A評価はアンドヴァラナウト、タガノディアーナの2頭!

ウマニティ重賞攻略チームが毎週末の重賞をあらゆる切り口で考察!今回はローズS・調教予想(水曜版) をお届けします!

日曜日に行われるローズSの登録馬の水曜追い切り(追い切り映像が確認できた馬に限る)について、1頭ずつシンプルに考察していきます。予想の際にお役立てください。なお、出走馬確定後に最終版記事を改めて掲載します。

※評価は上からA~D、F(判定不能)の5段階

アイコンテーラー【C】

栗東CW併走。闘争心が強すぎるせいか、どうしても行きたがるし、追われてからの手ごたえも良くない。動きについても首の振りが浅く、四肢との連動性を欠いているように映る。好調時の状態には及ばないかもしれない。

アンドヴァラナウト【A】

栗東坂路単走。頭の位置が高く映るが、それはいつものこと。前後左右のバランスはとれており、四肢の運びも滑らか。柔らかい身のこなしも目を引く。以前見られた、口向きの悪さが解消されつつあることも好感が持てる。いい雰囲気で臨めるのではないか。

アールドヴィーヴル【B】

栗東坂路単走。右手前でかなり長く引っ張るも、馬自身が手前を左に替えた際に、さほどの減速はなく脚勢を維持していた。ただ、手前の変換に融通が利かなかった春先を思うと、適度なところできっちり決めて欲しかったような気も。今回は加速ラップを評価してのB判定にとどめておきたい。

エイシンヒテン【C】

栗東CW単走。テンションを上げたくないのか、他馬の少ない時間帯に時計を抑えた内容。それはいいとしても、前肢の出が窮屈に映るのは気になるところ。本来はもう少し柔らかく四肢を使える馬。本調子には足りないように思える。

エンスージアズム【C】

栗東CW単走。前肢の動きが硬く、そのせいもあってか加速するまでに時間を要している印象。鞍上の仕掛けに対する反応も薄く、モチベーションが不足しているように映る。もう少し良い意味での前向きさが欲しい。

オヌール【B】

栗東CW単走。欲を言えば、ひと蹴りでもっと前に進んでほしいところ。一方で、春先の華奢な面が解消されつつあるのは好印象。身体を柔らかく使えているし、手前の切り替えも至ってスムーズ。少なくとも、フローラSの中間時より気配はいい。

オパールムーン【C】

栗東坂路単走。道中は掛かり気味。追われてからの反応も薄く、動きに鋭さは感じられなかった。タメを利かせて末を伸ばす、という本馬の長所を出せておらず、消化不良の感を強く受けるのは確か。積極的には手が出ない。

オータムヒロイン【C】

栗東坂路単走。15-14-12.5-12.5の整ったラップを計時。とはいえ、最後は仕掛けて何とか維持した時計。お釣りが残っているような感じは受けなかった。道中で何かに気を取られる素振りを見せるなど、集中力を欠いていた点もどうか。評価は上げづらい。

クールキャット【B】

美浦南W併走。折り合いに徹する内容もあってか、四肢の運びに軽さはない。だが、踏み込みは力強く、手前の切り替えもスムーズ。それなりに抑えも利いている。仕上がり自体は悪くないので、あとは実戦で落ち着いて走れるか否か。その1点に尽きよう。

コーディアル【B】

栗東坂路単走。ほぼしまい重点に近い内容。それもあってか、後肢が少し遅れ気味のように見えるが、そもそも稽古映えしないタイプ。気合乗りは悪くなく、制御もしっかり利いている。大きな上積みまではどうかも、及第点の仕上がりにはありそうだ。

ストゥーティ【B】

栗東坂路併走。前進気勢が強いあたりは相変わらずも、抑えは利いているし、鞍上の合図に対する反応も悪くない。仕上がりは良さそうなので、あとはレースで他馬が寄ってきた際に、テンションを維持できるかどうか。それが焦点となる。

スパークル【B】

栗東CW併走。頭が高く推進力を上に逃す完歩も見られるが、それはいつものこと。全体的に見ればキビキビと動けているほうだし、上がりのラップも合格点の水準。この馬なりに良い気配を保っている。

タガノディアーナ【A】

栗東坂路単走。11日(土)にしっかり時計を出しており、今週は整える程度の内容。とはいえ、俊敏な動きでハツラツと登坂する姿は見映えがいい。最後は流したため、ラップを少し落としたが、追えば伸びそうな余力を十分に残していたので心配はない。好気配。

タガノパッション【B】

栗東CW単走。ゆったりしたペースもあってか、コーナーを出るまでは制御にひと苦労。ただ、直線で手前を替えたあとはスムーズに走れていたし、追われてからもシャープな伸び脚を見せていた。一応の態勢は整ったと判断したい。

プリュムドール【C】

栗東CW併走。先着したものの、ハミ受けが浅く、重心も高め。そのぶんスピードに乗るまでに時間を要している印象。馬自身から走りを止めない真面目さは評価できるが、上位進出には馬場や展開など何らかの恩恵が欲しい。

レアシャンパーニュ【B】

栗東坂路併走。行きっぷりが良い一方で、ラストは平凡。だが、ひと頃の止まり方と比べたら、これでも踏ん張りが利いている部類。裏を返せば実戦で使う末脚は、こうした攻め馬で身につけた体力があってこそ。この馬なりに動ける態勢とジャッジしたい。

【調教予想からの注目馬】

アンドヴァラナウト タガノディアーナ

(提供元:競馬予想のウマニティ