【ローズS】重賞初V決めて本番へ!ヴィーヴル12秒0

2021.9.15 10:21

 クラシック2冠でともに5着のアールドヴィーヴル。オークスで勝ち馬ユーバーレーベンに0秒3差だった能力は確実に上位だ。松山騎手を背に、栗東坂路で単走。後半2ハロンをブレのないフットワークで、12秒3-12秒0でまとめた。

 「折り合い面と動きを確認。予定より時計は速くなったが、いい動きだし、いい仕上がり。カイ食いには苦労していないので、430キロ台で出せそう。オークスは成長途上だったが、気持ちの強さとセンスの良さで頑張ってくれた。中京の2000メートルという舞台はちょうどいいと思う」と今野調教師。重賞初Vを決めて本番に臨みたい。(夕刊フジ)

★ローズSの特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載

閉じる