中央競馬:ニュース中央競馬

2021.8.29 15:58

【新潟2歳S】セリフォスがデビュー2連勝で重賞初V!

新潟2歳Sを制しデビュー2連勝のセリフォス

新潟2歳Sを制しデビュー2連勝のセリフォス【拡大】

 8月29日の新潟11Rで行われた第41回新潟2歳ステークス(2歳オープン、GIII、芝・外1600メートル、12頭立て、1着賞金=3100万円)は、川田将雅騎手騎乗の3番人気セリフォス(牡、栗東・中内田充正厩舎)が最内枠スタートからロスなく中団を追走。直線を向くとエンジン全開で駆け抜け先頭でゴール。過去の勝ち馬からはハープスター、2着馬からはジャスタウェイやイスラボニータなど後のGI馬を輩出している出世レースを制し、デビュー2連勝で重賞初制覇を果たした。タイムは1分33秒8(良)。

 1馬身1/4差の2着には中団追走から脚を伸ばしたアライバル(1番人気)、さらに3/4差遅れた3着に逃げたオタルエバー(2番人気)が入った。

 新潟2歳Sを勝ったセリフォスは、父ダイワメジャー、母シーフロント、母の父Le Havreという血統。北海道安平町・追分ファームの生産馬で、馬主は(株)G1レーシング。通算成績は2戦2勝。重賞は初制覇。新潟2歳Sは管理する中内田充正調教師は16年ヴゼットジョリー、17年フロンティアに次いで3勝目、騎乗した川田将雅騎手は13年ハープスターに次いで2勝目。

★【新潟2歳S】払い戻し確定!! 全着順も掲載

関連

  • 新潟2歳Sを制しデビュー2連勝のセリフォス(右)
  • 新潟2歳Sを制しデビュー2連勝のセリフォス
  • 新潟2歳Sを制しデビュー2連勝のセリフォス
  • 新潟2歳Sをセリフォスで制した川田将雅騎手
  • 新潟2歳Sで2着に敗れたアライバル
  • 新潟2歳Sで3着に敗れたオタルエバー